軽自動車で車中泊&整備記録

お問い合わせ

HBD-H42Vミニカバンで車中泊しながら各地を旅行。愛車のメンテナンスと、源泉かけ流し温泉を中心に各地の名所巡りを紹介。

> >

乗鞍高原~野麦峠~御嶽山 車中泊旅行記③ 2日目

乗鞍高原観光センター

予定の時間より遅れて起床。
乗鞍高原観光センター

昨日の夜見た看板。
目の前が暗くなったのは、夜のせいだけではない。
トイレには「バーベキュー禁止」「花火禁止」の張り紙があった。
車中泊した観光客がやったとは限らないが…。
乗鞍高原観光センター駐車場の看板

観光センター反対にある駐車場。と言うか、空き地。
トイレから離れているし、真っ暗だったが、駐車する場所が無いよりマシだった。
この調子だと、道の駅も時間の問題かも…。
乗鞍高原観光センター駐車場

乗鞍高原温泉「せせらぎの湯」

いつものここ。乗鞍高原温泉「せせらぎの湯」
車が停まっている、と言うことは先客がいる。
乗鞍高原温泉せせらぎの湯への道

まあ、いいや。
橋を渡って砂利道の坂を降りる。
乗鞍高原温泉せせらぎの湯への坂道

朝からお楽しみの時間だ。
あいにく先客は男性だったので、写真はなし。
乗鞍高原温泉せせらぎの湯

乗鞍高原

とりあえず目的地は御嶽山の紅葉。
ここからどう行こうかとナビで確認して見ると、すぐそこの道から行ける。
しかも、前から地図で気になっていた野麦峠を通る。
前回は高山経由でここへ来た。多分御嶽山を1周して西側へ廻ったからだろう。
次からはこの道も候補の1つにする。
乗鞍高原観光センター前の道

県道26号線に入ってすぐの白樺の林。
乗鞍高原

野麦峠手前の下り坂で。紅葉が綺麗に見える場所だった。
野麦峠へ向かう途中の紅葉

野麦峠

野麦峠は、岐阜県と長野県の県境にある峠で、かつて、高山と松本を結ぶ交通路であった。
「ああ。野麦峠」で有名であり、多くの飛騨の女性が製糸工場で女工として働くためにこの峠を越えた。
乗鞍岳と鎌ヶ峰の間にあり、標高1,672m。長野県道・岐阜県道39号奈川野麦高根線が通っている。
日本の秘境百選に選ばれている。

県史跡「旧野麦街道」。
「ああ。野麦峠」の一節が書かれた石碑がある。
昔はここが高山への物流ルートであり、飛騨の少女たちが雪深いこの道を歩いたこと考えると、感慨深いものがある。
旧野麦街道

野麦峠。ここが岐阜と長野の県境になる。
左側には、峠の資料館「野麦峠の館」がある。
野麦峠

さっきの道からここへ出る。
丁度登山愛好家グループが登って来たところだ。
かなり年配の人たちがいて驚いた。
旧野麦街道頂上

「野麦峠の館」へ向かう道の途中に、「ああ。野麦峠」の主人公・政井みねと、みねを背中に背負っている兄の像がある。
ああ。野麦峠の主人公・政井みねと、みねを背中に背負っている兄の像

野麦峠から松本方面を望む。紅葉が真っ盛りだ。
野麦峠からの紅葉の景色

久蔵峠

野麦街道から国道361号線を通り、久蔵峠へ到着。
前回は通行止めになっていたが、解除されていた。
しかし、あいにくの天気。
久蔵峠

紅葉は真っ盛りだけど、御嶽山が見えない。
前日の天気予報を見て、そんな気がしていたけど。
久蔵峠からの御嶽山

さて、悠長なことは言っていられない。早速、帰路につく。
国道19号線まで出て、国道21号線から京都経由で亀岡。そこからは来た道をそのまま戻った。
大垣のスーパーで弁当買って、駐車場で食べた時以外はノンストップ。
帰宅時間は夜中の3時30分。御嶽山から14時間で帰宅できた。

次からは3日以上ないと、この界隈には来るまいと思った。

車中泊旅行記

車中泊旅行記③ 1日目その1 九頭竜峡~平湯~戸隠高原
車中泊旅行記③ 1日目その2 妙高高原~燕温泉・黄金の湯と河原の湯
車中泊旅行記③ 2日目 乗鞍高原~野麦峠~御嶽山

関連記事

 車中泊旅行記① ~九州~
 車中泊旅行記② ~東日本~
 車中泊旅行記③ ~甲信越~
 車中泊旅行記④ ~富士山周辺~
 車中泊旅行記⑤ ~河津桜と姫路城~

車中泊旅行

温泉巡り

ミニカ整備記録

その他

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system inserted by FC2 system