軽自動車で車中泊&整備記録

お問い合わせ

HBD-H42Vミニカバンで車中泊しながら各地を旅行。愛車のメンテナンスと、源泉かけ流し温泉を中心に各地の名所巡りを紹介。

> >

小岩井農場~岩手山周辺~籐七温泉 車中泊旅行記② 3日目

小岩井農場一本桜

道の駅「雫石あねっこ」から小岩井農場一本桜へ向かう。
さすが、多くの観光地を近くに擁する道の駅だけあって、昨晩は多くの車中泊の車で一杯だった。
道の駅 雫石あねっこ

小岩井農場は日本最大の民間総合農場であり、その歴史は明治まで遡る。
元々、岩手山からの降灰のせいで不毛の原野であった土地を、1本1本植樹して現在の緑豊かな農場にまで発展させた。
地方のスーパーでも、小岩井農場の乳製品を見かけるので、なじみ深い人も多いはずだ。

小岩井農場一本桜は、農場の観光エリア「まきば園」にあるエドヒガン。
ここは昔、牛の放牧場として使われていて、牛の日陰樹として植えられたものである。
岩手山を背景に、広い草原に1本だけたたずむ姿が、人々から永年愛されてきた。

残念ながら散っていた。ここが散っているということは、本州ははぼ全滅かも。
冠雪した岩手山をバックにした一本桜は散っていても絵になる。
小岩井農場一本桜

道の反対側に駐車場があるのだが、次から次へと車がやってくる。
2,3日前が満開だったそうで、見に来られた皆さん、しばらく茫然と眺めながらため息をつき、残念がっていた。
小岩井農場一本桜を眺める人々

岩手山・桜並木

県道を、岩手山に向かって北上し、途中で右折、国道282号線を更に北上する。
道の駅「にしね」に寄り、パンフレットが置いてあったので、貰って出発。

パンフレットに桜の名所が何カ所か載っていて、目的地の焼走りに向かう途中にあったので少し遠回りし、県道233号線を通って岩手山・桜並木へ。
実はこのパンフレット、次の日に大活躍する。
岩手山桜並木

ここは全く知らなかった。情報を得るためにも道の駅には寄るもんだ。
残念ながら、ここも散り始め。次は満開時に来たい。

岩手山・焼走り

焼走りは、1732年に岩手山中腹から流れ出した溶岩が冷えて固まったもので、国指定特別天然記念物に指定されている。

広い駐車場の割には人が2,3人しかいなかった。
車を停めて道の反対にある階段を上ると、突然、一面に広がる異様な景色に圧倒される。
焼走り

一面の火山岩。持ってみると非常に軽い。
画像では分かりにくいが、溶岩の流れた道筋らしきものが確認出来る。
遊歩道が整備されていて、1周歩くのに小1時間かかりそうだ。
焼走り遊歩道

非常に奇妙なことに、この一帯だけ草木1本生えていない。
遠くを見ると、木々が生い茂っていいるのが不思議だった。

岩手県県民の森

籐七温泉へ行く途中、何となく立ち寄ってみた。道すがらの桜並木は全滅。
岩手県県民の森に寄ってみる。
岩手県県民の森に入る道

駐車場付近は森と言うより高原かな?
八重桜が植えられていて、満開だった。奥は白樺の森になっている。
岩手県県民の森

八幡平樹海ライン

樹海ライン、アスピーテライン共に冬季閉鎖になる。解除になるのはゴールデンウィーク前。
行きは樹海ライン、帰りはアスピーテラインに決めた。
今年は雪の壁が低い。前回来た時はもっと高かった。
八幡平樹海ラインの雪の壁

太古の息吹入口。籐七温泉手前のパーキングエリアの階段を降りると、小さな噴泉場があり、昔ここに下りて噴気を顔に浴び、メガネのコーティングを痛めたことがあった。別の回の時は温泉卵を作っている人を見かけたが…。
八幡平樹海ラインパーキングにある太古の息吹

今回は立ち入り禁止になっていた。どうせ雪で降りれないけどね。
火傷事故が多発しいるようだ。確かに足を滑らせると、ここは危ない。
八幡平樹海ラインパーキング 太古の息吹

籐七温泉

八幡平と言えば個人的にはここ「籐七温泉 彩雲荘」。必ず立ち寄る名湯である。
ゴールデンウィーク前に営業を開始するため、待ってましたと言わんばかりに客が押し寄せるのか、人が多い。
籐七温泉

本州最高地点にある秘湯温泉宿である。
昔は携帯電話も通じず、衛星電話を使用しているが、今は少し改善されているみたい。ここは冬季閉鎖になり無人となるので、電話線を引いても意味無いかも。
籐七温泉入口

八幡平アスピーテライン

冬季閉鎖解除と言っても、この時期はまだ17:00~翌朝8:30まで夜間通行止。
籐七温泉も宿泊客以外は閉鎖30分前になると、従業員が露天風呂まで声を掛けに来る。

16時45分に籐七温泉を出発。
八幡平登山口付近の県境にて。
秋田と岩手の県境

17時ちょうどにゲートを通過。
ゲートでは道路管理会社のパトロール車両が待機していた。
アスピーテライン麓のゲート

あまり考えずに盛岡市内まで戻ってしまい、近くに道の駅が無い。
高松の池の臨時駐車場がこの時期だけ24時間解放していたので、ここで車中泊。

車中泊旅行記② 次の日へ

車中泊旅行記② 1日目 御嶽山周辺~平湯周辺~せせらぎの湯
車中泊旅行記② 2日目 野沢温泉~会津磐梯山周辺~蔵王温泉
車中泊旅行記② 3日目 小岩井農場~岩手山周辺~籐七温泉
車中泊旅行記② 4日目 高松の池~新玉川温泉~奥奥八九朗温泉
車中泊旅行記② 5日目 十和田湖~奥入瀬渓流~八甲田
車中泊旅行記② 6日目 十三湖~龍飛岬、眺瞰台~三内丸山遺跡
車中泊旅行記② 7日目 奇跡の一本松~大川小学校~松原
車中泊旅行記② 8日目 帰宅困難地域~日光~中禅寺湖
車中泊旅行記② 9日目 中禅寺湖~四万温泉~尻焼温泉~草津温泉
車中泊旅行記② 10日目 八ヶ岳~清里~忍野八海

関連記事

車中泊旅行記① ~九州~
車中泊旅行記② ~東日本~
車中泊旅行記③ ~甲信越~
車中泊旅行記④ ~富士山周辺~
車中泊旅行記⑤ ~河津桜と姫路城~

車中泊旅行

温泉巡り

ミニカ整備記録

その他

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system