軽自動車で車中泊&整備記録

お問い合わせ

HBD-H42Vミニカバンで車中泊しながら各地を旅行。愛車のメンテナンスと、源泉かけ流し温泉を中心に各地の名所巡りを紹介。

> >

野沢温泉~会津磐梯山周辺~蔵王温泉 車中泊旅行記② 2日目

野沢温泉

午前3時に目が覚めた。眠れる気配が無いので出発。
道の駅さかきた

国道117号線を延々北上して、明け方に野沢温泉に到着。

那沢温泉は群馬県下高井郡にある温泉で、毛無山の裾野に多くの宿泊施設があり、13の共同浴場があり、寸志で入浴することが出来る。

まずは、野沢温泉の顔ともいえる大湯
野沢温泉共同浴場 大湯

河原湯。大湯のすぐ下にある。
野沢温泉共同浴場 河原湯

麻釜湯。河原湯から5分くらいの距離だが、見つけやすい。
野沢温泉共同浴場 麻釜湯

まつば乃湯。大湯に近い。
野沢温泉共同浴場 まつば乃湯

会津磐梯山

国道117号線→国道17号線→国道49号線から一路、磐梯山へ。
だるくなって、道の駅「にしあいづ」へ立ち寄る。
道の駅にしあいづ

やっと見えてきました、会津磐梯山。信号待ちでの1枚。
磐梯山は、今でも小規模な噴気活動が継続している成層火山で、福島県のシンボルでもある。
会津磐梯山

磐梯山を満喫するなら、磐梯山ゴールドラインを走るしかない。
広大な猪苗代湖の眺めや裏磐梯の迫力ある景観が楽しめる。

磐梯山ゴールドラインを登り、山湖台から猪苗代湖を望む。
ここからでは、猪苗代湖が広すぎて、全体を撮影出来ない。
山湖台から見た猪苗代湖

途中、何カ所か、滝が見えるたびにパーキングがある。
滑滝と磐梯山。小さくてよく見えないが、看板の右側に滝が…。
滑滝と磐梯山

黄金平。磐梯山の爆烈火口壁を間近に見ることが出来る。
会津磐梯山黄金平

五色沼

磐梯山を降りて国道459号線を走り、五色沼へ。
五色沼は、正式には五色沼湖沼群と言うそうで、緑・赤・青など様々な色の沼が点在している。
てっきり五色沼と言う沼があるのかと思った。
自分が見たのはそのうちの1つ、毘沙門沼。湖面が青白い。
八重桜がちょうど満開だった。
五色沼湖沼群の毘沙門沼

亀ヶ城址公園と観音寺川桜並木

磐梯山の南の位置する、亀ヶ城址公園。
本格的な築城法によって築いた、日本最古の平山城の城跡である猪苗代城跡を公園として整備した場所で、移築復元した村役人層の茅葺屋根の直屋がある。
公園の桜は、残念ながらすべて散っていた。
亀ヶ城址公園

観音寺川桜並木。
観音寺川は護岸工事のされていない小さな川で、両岸に満開の桜と、川面に美しく映る桜の光景を楽しむことが出来る。
当然ながらこちらも…。
観音寺川桜並木

昭和の森

昭和の森は、磐梯山中腹の高原に昭和天皇・皇后両陛下が、アカマツの苗木5万本を植樹された公園である。

ここの桜も散っていたが、満開ならかなり素晴らしい景色のはずだ。
満開ならおそらく渋滞しまくっていただろう。
昭和の森からの会津磐梯山

ここからも猪苗代湖を一望できる。
ここもりトライしなければならない。
昭和の森からの猪苗代湖

蔵王温泉「源七の湯」

蔵王温泉は、山形県山形市蔵王連峰の西麓、標高880mにある温泉で、奥羽三高湯の一つに数えられる。
源七の湯」は蔵王温泉にある公共露天風呂である。

国道121号線から国道13号線へ。車の通行量が少ないので楽だった。
とにかく今回は次の地点への移動距離が長い。
1時間ほど入浴させてもらいました。
蔵王温泉源七の湯

国道13号線→国道105号線→国道46号線と北上。途中の道の駅で寝ようかと思ったが、翌日の小岩井農場までの距離を考えて頑張りました。
道の駅「雫石あねっこ」で車中泊。

車中泊旅行記② 次の日へ

車中泊旅行記② 1日目 御嶽山周辺~平湯周辺~せせらぎの湯
車中泊旅行記② 2日目 野沢温泉~会津磐梯山周辺~蔵王温泉
車中泊旅行記② 3日目 小岩井農場~岩手山周辺~籐七温泉
車中泊旅行記② 4日目 高松の池~新玉川温泉~奥奥八九朗温泉
車中泊旅行記② 5日目 十和田湖~奥入瀬渓流~八甲田
車中泊旅行記② 6日目 十三湖~龍飛岬、眺瞰台~三内丸山遺跡
車中泊旅行記② 7日目 奇跡の一本松~大川小学校~松原
車中泊旅行記② 8日目 帰宅困難地域~日光~中禅寺湖
車中泊旅行記② 9日目 中禅寺湖~四万温泉~尻焼温泉~草津温泉
車中泊旅行記② 10日目 八ヶ岳~清里~忍野八海

関連記事

 車中泊旅行記① ~九州~
 車中泊旅行記② ~東日本~
 車中泊旅行記③ ~甲信越~
 車中泊旅行記④ ~富士山周辺~
 車中泊旅行記⑤ ~河津桜と姫路城~

車中泊旅行

温泉巡り

ミニカ整備記録

その他

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system inserted by FC2 system