軽自動車で車中泊&整備記録

お問い合わせ

HBD-H42Vミニカバンで車中泊しながら各地を旅行。愛車のメンテナンスと、源泉かけ流し温泉を中心に各地の名所巡りを紹介。

> >

ラピュタの道~通潤橋~御興来海岸 車中泊旅行記① 4日目 その2

ラピュタの道

ミルクロード(県道339号)を走ると工事中の看板があり、ラピュタの道には入れないとのこと。
空いている所に車を停め、徒歩で行くことに。
前日ワンセグで見たが、この時期には珍しく雪が降ったらしい。道がぬかるんで何度か滑って転びそうになる。
ラピュタの道

阿蘇山をバックに。
麓が雲海になればさぞかし幻想的だろう。
ラピュタの道からの阿蘇山

草千里ヶ浜と阿蘇山頂手前

道の駅「阿蘇」で弁当買って食べた。人ですごい賑わいだった。
いよいよ阿蘇山へ。
山頂途中の草千里ヶ浜の池が凍っていた。
草千里ヶ浜

山頂手前のロープウェイ乗り場から。
阿蘇山ロープウェイ乗り場

ここから先は立ち入り禁止。
前回来た時は頂上まで行けたんだけど。あの噴煙じゃさすがに無理か…。
阿蘇山火口への道

白川水源

阿蘇山を後にし白川水源へ。
駐車場から近い。
白川水源駐車場

環境保全協力金100円。
空のペットボトルを何本か持っていくとコンビニで買うミネラルウォーター代より安い。
白川水源

水汲み場。空いたペットボトルに水を汲んで、飲みながら次の目的地へ。
白川水源水汲み場

通潤橋

前の車がダラダラ走るので思ったよりも時間がかかった。
道もカーブが多く、追い越し禁止区間が続いた。
道の駅「通潤橋」に車を停める。

通潤橋は、熊本県上益城郡山都町にある江戸時代に掛けられた石造りの水路橋で、国の重要文化財に指定されている。
通潤橋遠景

観光放水は無料で、指定されている期日(土・日・祝日)の正午。
予約すれば、1日1回だけ10000円払って見ることができる。
放水している所が見たかったが、今回は下見ということで。
通潤橋

再び、御興来海岸「干潟景勝の地」

通潤橋までの道で時間を浪費してしまい、焦る。
今回もギリギリ間に合った…と、思ったら…。
御興来海岸

あいにくの曇り。
到着前から分かっていたけど…。
それと、場所の割にとにかく人が多い。駐車場に停められず、少し下の空き地に停めた。
次は1時間前に来なければならないことも学習した。

南下して出水市へ。
途中、カーナビで温泉を検索すると湯浦温泉が良さそうなので向かう。
30分前に到着。バイパスが無ければ確実に間に合わなかった。
湯浦温泉
「あと30分ですが…。」
風呂に入りたいから構わない。大急ぎで体を洗う。

入浴後、さらに南下。
目的地である「出水ツル観察センター」近くの道の駅が10キロ以上離れているので鍋ヶ滝の時と同じく、施設宿泊を目論む。
施設が施設なので入ることも出来ないと思っていたら、すんなり泊まれた。
施設前の道路に消毒液が溜まっていて、車輪を消毒しなければ入れない。

車中泊旅行記① 次の日へ

車中泊旅行記① 1日目 秋吉台~長門湯本温泉~九州へ
車中泊旅行記① 2日目 七ツ釜~浜野浦の棚田~虹の松原
車中泊旅行記① 3日目 普賢岳~雲仙温泉~御輿来海岸
車中泊旅行記① 4日目 その1 鍋ヶ滝~久住高原
車中泊旅行記① 4日目 その2 ラピュタの道~通潤橋~御興来海岸
車中泊旅行記① 5日目 その1 出水ツル観察センター~出水麓武家屋敷群
車中泊旅行記① 5日目 その2 仙厳園と尚古集成館
車中泊旅行記① 6日目 霧島 目の湯と新湯温泉新燃荘~桜島
車中泊旅行記① 7日目 その1 横瀬古墳~唐仁古墳群~鵜戸神社
車中泊旅行記① 7日目 その2 鬼の洗濯岩~西都原古墳群
車中泊旅行記① 8日目 原尻の滝~別府温泉~杖立温泉

関連記事

車中泊旅行記① ~九州~
車中泊旅行記② ~東日本~
車中泊旅行記③ ~甲信越~
車中泊旅行記④ ~富士山周辺~
車中泊旅行記⑤ ~河津桜と姫路城~

車中泊旅行

温泉巡り

ミニカ整備記録

その他

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system