軽自動車で車中泊&整備記録

お問い合わせ

HBD-H42Vミニカバンで車中泊しながら各地を旅行。愛車のメンテナンスと、源泉かけ流し温泉を中心に各地の名所巡りを紹介。

> > >

雪中行軍遭難記念像と銅像茶屋「鹿鳴庵」

地図とアクセス

八甲田山雪中行軍遭難事件は、1902年(明治35年)1月、日本陸軍の青森歩兵第5連隊が雪中行軍中に八甲田山中で遭難し、210名中199名が死亡した事件である。日本の冬季軍事訓練で最も多くの死傷者を出した事故であり、世界最大級の山岳遭難事故である。
また、数日違いで、八甲田山を雪中行軍した弘前歩兵第31連隊は、1人の犠牲者も出さず、これを踏破した。

1977年に、この事件を映画化した「八甲田山」で、北大路欣也の「天は我々を見放した」のセリフは当時の流行語になった。
【送料無料】八甲田山 HDリマスターBlu-ray/高倉健[Blu-ray]【返品種別A】

また、2014年に、小笠原孤酒の小説「八甲田連峰吹雪の惨劇」を原作として公開された、日本とイタリアの合作映画「ドキュメンタリー八甲田山」は、実際の遭難現場で遭難の同日同時刻に行われている。
【新品】ドキュメンタリー八甲田山 ~世界最大の山岳遭難事故~ DVD

雪中行軍遭難記念像は、八甲田山雪中行軍遭難事件で最初に発見された後藤房之助伍長の銅像である。八甲田山中の青森湾を見渡すことのできる馬立場に建てられている。
近くにはレストラン「銅像茶屋」があり、八甲田雪中行軍記念館「鹿鳴庵」が併設されている。


八甲田山の北、県道40号線が東西へ分岐するT字路の前にある。見えるのは銅像茶屋だが、雪中行軍遭難者銅像の立つ場所へ行くには、どちらにしても銅像茶屋の駐車場に車を停めることになる。
銅像茶屋駐車場からの八甲田山

銅像茶屋

銅像茶屋は、この付近唯一のレストランと言うか、食堂である。トイレ、食事の他、お土産も購入できる。この周辺をドライブに来た人たちの休憩場である。冬期は休業になる。
銅像茶屋

中は結構広い。ゴールデンウィークには人でいっぱいになる。
山の中の食堂だと思って侮るなかれ。立派な食事を提供してくれる。
銅像茶屋の食堂

注文したのは行者ニンニクらーめん。行者ニンニクと言う品種があることを初めて知った。
この他にも、おでん、蕎麦などメニューは豊富である。
行者ニンニクらーめん

八甲田雪中行軍記念館「鹿鳴庵」

八甲田雪中行軍遭難事件に関する資料を展示してある「鹿鳴庵」は、店を出た隣にある。
入館料を支払う受付の窓を覗くと、中は食堂だった。しかも誰も対応していなかったので、中に戻って、厨房で食事を作っている人に声をかけ、入館料200円を支払った。
八甲田雪中行軍記念館「鹿鳴庵」案内板

遭難した日本陸軍第8師団の歩兵第5連隊の雪中行軍訓練参加者の写真が並んでいる。
遭難事件で重要な役割を演じた人物には注釈がある。
八甲田雪中行軍記念館「鹿鳴庵」遭難者写真

銅像のモデルである後藤房之助伍長は、遭難事件で最初に発見された遭難者である。直立したまま仮死状態で発見された。
八甲田山での遭難で凍傷になり両手両足を切断したが、器用な人間で、人の手を借りずに酒を飲んだり、物を作っていたりしていたそうだ。
遭難後に結婚もして子供もおり、郷里の村会議員も務めた人物である。
後藤房之助伍長

展示されている資料は結構多い。この資料館の館長は銅像茶屋のご主人らしく、展示されている資料も個人所有の物であるようだ。奥では映画「八甲田山」が上映されていた。
八甲田雪中行軍記念館「鹿鳴庵」展示物

所蔵している資料の多さでは、青森市立である八甲田山雪中行軍遭難資料館の方が多いだろうが、展示してある点数では決して引けを取らない。十分見る価値のある資料館である。
八甲田雪中行軍記念館「鹿鳴庵」遺品

貴重な資料が所狭しと並んでいる。さらっと見るだけならば10分で見終わるが、じっくり1時間近く見ていたので、銅像茶屋のご主人が来られて説明して頂けた。
八甲田雪中行軍記念館「鹿鳴庵」内の様子

雪中行軍遭難者銅像

銅像茶屋の横にある坂道を登って行く。ここから銅像は、全く見えない。
雪中行軍遭難者銅像への道

坂はそこそこの傾斜がある。1本道で迷うことはないが、しばらく道しか見えないので辛い。
坂の中腹まで来ると、銅像の後ろ姿が見えてくる。
雪中行軍遭難者銅像のある馬立場

ご主人から伺った情報によると、この銅像は、道に迷った人のために青森市街の方向を向いていると言われているが、微妙に角度がずれていて、実はロシアのの方向を向いているそうだ。
この銅像が建てられる3年前には、日露戦争が起こっている。
雪中行軍遭難者銅像

周辺の宿泊施設
酸ヶ湯温泉 八甲田ホテル
ぬぐだまりの里 秘湯 八甲田温泉(旧 八甲田温泉 遊仙)
寒水沢温泉 八甲田リゾートホテル
関連記事
弘前公園

弘前公園
弘前公園は、青森県弘前市の弘前城址にある公園である。弘前城は、日本100名城に選定される。現存12天守の1つであり、城跡が国の史跡、場内の現存建物が重要文化財に指定されている。日本さくら名所100選に選…

芦野公園

芦野公園
芦野公園は、青森県五所川原市金木町にある県立公園である。日本さくら名所100選に選定されていて、太宰治が幼少期に遊んだ場所として知られており、太宰治文学碑や太宰治像がある。桜1500本と松1800本が植え…

十和田市官庁街通り

十和田市官庁街通り
十和田市官庁街通りは、青森県十和田市役所前を通る大通りである。1.1㎞の通りの通称駒街道と言われる道の両側に、156本の桜と165本の松が植えられていて、日本の道百選に選定されている。周辺には十和田奥入瀬…

水源地公園

水源地公園
水源地公園は青森県むつ市宇田町にある公園で、もとは旧海軍大湊要港部水源地堰堤と呼ばれ、戦後は現むつ市の水道施設として使用された。1978年からは公園として市民の憩いの場として現在に至る。 旧海軍大湊…

早掛沼公園

早掛沼公園
早掛沼公園は、青森県むつ市大字田名部にある公園である。早掛沼の地形を生かした施設で、オートキャンプ場もあり、市民の憩いの場となってる。春には350本を超える桜が咲き、水源地公園と同様、「むつ桜まつ…

愛宕公園

愛宕公園
青森県上北郡野辺地町にある公園である。明治17年、武学流造園の庭師では第一人者といわれた高橋亭山の指導により町を一望できる高台に造られた。石川啄木の歌碑や、松尾芭蕉、中市絶壁の句碑があり、春には園内…

合浦公園

合浦公園
合浦公園は、青森県青森市合浦にある青森市立の都市公園である。読み仮名は「がっぽこうえん」である。公園内には、670本の桜の木と700本のクロマツが植えられていて、野木和公園とともに「青森春まつり」の会…

霊場 恐山

霊場 恐山
恐山は、青森県むつ市大字田名部にあるカルデラ湖「宇曽利山湖」を中心に取り囲む外輪山の総称、霊場であり、固有の名前の山ではない。通常、霊場恐山と言えば、宇曽利山湖の北にある伽羅陀山菩提寺の敷地内を指…

三内丸山遺跡

三内丸山遺跡
三内丸山遺跡は、青森県青森市大字三内字丸山にある縄文時代前期中頃から中期末葉の大規模集落跡である。六本柱建物跡、大型竪穴式住居跡、竪穴式住居跡などの他に、ストーンサークル、多くの土偶が出土していて…

奥入瀬渓流

奥入瀬渓流
奥入瀬渓流は青森県十和田市十和田湖畔子ノ口から焼山までの約14㎞の奥入瀬川の渓流で、十和田湖とともに特別名勝および天然記念物に指定されている。新緑や紅葉の時期には、多くの観光客が訪れる、青森を代表す…

幸畑陸軍墓地と八甲田山雪中行軍遭難資料館

幸畑陸軍墓地と八甲田山雪中行軍遭難資料館
青森市内から八甲田山へ向かう県道40号線にある。八甲田山の北麓にあり、青森市から来ると丁度この辺りから坂になる。当然、八甲田山から来るよりも、青森市から来る方が楽。県道40号線に面した場所に八甲田山…

雪中行軍遭難記念像と銅像茶屋「鹿鳴庵」

雪中行軍遭難記念像と銅像茶屋「鹿鳴庵」
八甲田山の北、県道40号線が東西へ分岐するT字路の前にある。見えるのは銅像茶屋だが、雪中行軍遭難者銅像の立つ場所へ行くには、どちらにしても銅像茶屋の駐車場に車を停めることになる。銅像茶屋は、この付近…

眺瞰台

眺瞰台
眺瞰台は、国道339号線竜泊ラインの青森県北津軽郡中泊町小泊付近にある展望台である。小泊から竜飛岬へ向かう途中にあり、急勾配の坂と幾重にも連なるカーブを進んだ山の山頂付近にある。展望台からは日本海が…

車中泊旅行

温泉巡り

ミニカ整備記録

その他

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system