軽自動車で車中泊&整備記録

お問い合わせ

HBD-H42Vミニカバンで車中泊しながら各地を旅行。愛車のメンテナンスと、源泉かけ流し温泉を中心に各地の名所巡りを紹介。

> > >

新玉川温泉

地図とアクセス

新玉川温泉は玉川温泉から徒歩10分の距離にある温泉である。
湯治向きの玉川温泉に対して、新玉川温泉は観光客向けに作られていて、源泉からの距離が遠いため玉川温泉よりも刺激が少なく入りやすい。

新玉川温泉へは冬と冬以外の季節でアクセス方法が異なる。
4月中旬~12月は国道341号線を車で行くことが出来る。
12月~4月中旬は国道341の田沢湖側二神館⇔鹿角側澄川間が冬期通行止めとなりJR田沢湖駅からの路線バスを利用することになる。

こちらの方は、手すりの設置などバリアフリーを考慮した設計になっている。また、玉川温泉の日帰り客の駐車場が有料であるのに対して、無料駐車場がある。
新玉川温泉 外観

日帰り入浴は施設入口から奥に入った所にある。
新玉川温泉 風呂入口

入浴

何はともあれ、かけ湯。
新玉川温泉 男湯掛け湯

様々な浴槽がある。入ってすぐ右には熱い湯と温い湯。
新玉川温泉 熱い浴槽と温い浴槽

その隣には源泉100%、さらに奥に50%と書かれた浴槽。
濃度を下げてある理由は入浴した後で分かった。
新玉川温泉 源泉100%の浴槽

奥には頭浴湯。横になることが出来る浅い浴槽だ。
新玉川温泉 頭浴湯

蒸し湯まである。
新玉川温泉 蒸湯

こちらは歩行湯。
新玉川温泉 歩行湯

真ん中には大きな浴槽が。とりあえず入ってみる。湯温はちょうど良い…。
しばらく浸かっていると、だんだん体が痛くなってきて、それが温泉のせいだとすぐに気付いた。
泉質が強酸性のため、皮膚が強烈にピリピリする。こんな温泉は初めてだ。
新玉川温泉 中央の浴槽

湯口から出る源泉を口に含むと非常に酸っぱい。歯が溶けるそうだ。
あまりに皮膚が痛いので、浴槽に5分と入っていられない。シャワーと湯船を何度も往復してしまった。
新玉川温泉 浴槽の湯口

露天風呂。ちなみに屋内にあり、外の景色が見えるだけ。
新玉川温泉 露天風呂

温熱浴。
新玉川温泉 温熱浴

籐七温泉と並んで超個性的な温泉だ。
入浴して痛みを感じる温泉は、日本広しと言えどもここ周辺の温泉だけかもしれない。文字通り、刺激を求めている方にはお勧めだ。

日本の山岳温泉リゾート 新玉川温泉

周辺の温泉宿
効能溢れる癒しの湯治宿 玉川温泉
南玉川温泉 湯宿 はなやの森

基本データ

新玉川温泉
住所 秋田県仙北市田沢湖玉川字渋黒沢2番地先 地図
営業時間 8:00〜17:00 (受付16:00)
入浴料 600円
駐車場 あり
手すり あり
シャワー あり
石鹸・シャンプー あり
備考 男女各内湯各種、露天1、温熱浴1、ロッカー鍵あり
関連記事
八九朗温泉

八九朗温泉
八九郎温泉は、秋田県鹿角郡小坂町にある地元の方専用の浴場である。表に張り紙があり、公衆浴場法に規定されている入浴施設ではないとあり、関係者以外が使用した場合の事故、疾病等、一切責任は無いとあるが、…

奥八九朗温泉

奥八九朗温泉
奥八九郎温泉は、秋田県鹿角郡小坂町にある野湯である。さらに奥へ進むと奥奥八九朗温泉があり、こちらの方が有名である。奥八九朗温泉は湯温が低く、泥が堆積しており、不衛生なため入る人はほとんどいない。奥…

奥奥八九朗温泉

奥奥八九朗温泉
奥奥八九郎温泉は、秋田県鹿角郡小坂町にある野湯である。昔、鉱山の試掘調査中に噴出したもので、国有林内にあり入浴は自己責任である。ただ、立ち入り禁止等の表示は無い。近くに奥八九朗温泉があるが、湯温…

露天風呂 水沢温泉

露天風呂 水沢温泉
露天風呂 水沢温泉は、秋田県仙北市の田沢湖北東に位置する、水沢温泉郷にある温泉である。さらに奥へ進むと、田沢湖高原温泉郷と乳頭温泉郷がある。国道341号線から県道127号線に入り、坂道を登って行く。途中…

車中泊旅行

温泉巡り

ミニカ整備記録

その他

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system