軽自動車で車中泊&整備記録

お問い合わせ

HBD-H42Vミニカバンで車中泊しながら各地を旅行。愛車のメンテナンスと、源泉かけ流し温泉を中心に各地の名所巡りを紹介。

> > >

奥八九郎温泉

地図とアクセス

奥八九郎温泉は、秋田県鹿角郡小坂町にある野湯である。
さらに奥へ進むと奥奥八九朗温泉があり、こちらの方が有名である。
奥八九朗温泉は湯温が低く、泥が堆積しており、不衛生なため入る人はほとんどいない。

奥奥八九朗温泉へ行く途中にあるが、雑木林の中にあるため見つけにくい。


国道282号線を「野口」と書かれた標識の道へ入る。右にある赤い看板の方がよっぽど目印になるか…。
奥奥八九朗温泉 野口入口

道なりに進むと左方向へ橋があるが、その手前の舗装されていない横道に入る。
奥八九朗温泉 林道入口

大きな分かれ道が何か所ある。基本、道なりで行ける。
奥八九朗温泉 林道

似たような道が続くので分かりにくい。奥奥八九朗温泉まで行くと通り過ぎている。
カーブミラーとガードレールが途切れた先に車を停められるスペースがある。
奥八九朗温泉 林道の目印

画像右上が目的地。駐車スペースの下を降りていく。道の先をもう少し進むと別のルートもあるが、深さ10センチの川を渡らなければいけないので、靴が濡れる。
林の中の奥八九朗温泉

入浴

川の方向へ降りていくとはっきり見えてくる。
奥八九朗温泉 遠景

周りの景色に完全に溶け込んでいる。入浴できるのは1か所だけ。
奥八九朗温泉 全景

奥奥八九朗温泉と同様、中からは絶えず大量の温泉が噴き出している。
こちらも「天然のジャグジー」となっている。
奥八九朗温泉 吹き出る温泉

浴槽としての広さは奥奥八九朗温泉よりも広い。
奥八九朗温泉 湧き出る温泉

お湯が周りに溢れている。奥奥八九朗温泉のように排水する場所は設けられていない。
パッと見、お湯も透明で入浴意欲をそそられるが…。
奥八九朗温泉

お湯の中に1歩入るとこの通り。
足がズブズブ埋まっていき、湯船?が濁っていく。
奥八九朗温泉 周辺の泥

入るのは構わないが、出る時に泥だらけになること必至。
あとで桶で温泉をすくって洗い流そうにも周りが全部こんな状態。
石でも敷き詰めれば入浴できないこともなさそうだが…。

周辺の温泉宿
越後大湯温泉 源泉湯の宿 かいり
大湯温泉 ホテル鹿角
大湯温泉 龍門亭 千葉旅館

基本データ

奥八九郎温泉
住所 秋田県鹿角郡小坂町 地図
営業時間 24時間
入浴料 無料
駐車場 あり(適当に停める)
手すり なし
シャワー なし
石鹸・シャンプー なし
備考 街灯なし。夜は怖いと思う。
関連記事
八九朗温泉

八九朗温泉
八九郎温泉は、秋田県鹿角郡小坂町にある地元の方専用の浴場である。表に張り紙があり、公衆浴場法に規定されている入浴施設ではないとあり、関係者以外が使用した場合の事故、疾病等、一切責任は無いとあるが、…

奥奥八九朗温泉

奥奥八九朗温泉
奥奥八九郎温泉は、秋田県鹿角郡小坂町にある野湯である。昔、鉱山の試掘調査中に噴出したもので、国有林内にあり入浴は自己責任である。ただ、立ち入り禁止等の表示は無い。近くに奥八九朗温泉があるが、湯温…

新玉川温泉

新玉川温泉
新玉川温泉は玉川温泉から徒歩10分の距離にある温泉である。湯治向きの玉川温泉に対して、新玉川温泉は観光客向けに作られていて、源泉からの距離が遠いため玉川温泉よりも刺激が少なく入りやすい。新玉川温泉へ…

露天風呂 水沢温泉

露天風呂 水沢温泉
露天風呂 水沢温泉は、秋田県仙北市の田沢湖北東に位置する、水沢温泉郷にある温泉である。さらに奥へ進むと、田沢湖高原温泉郷と乳頭温泉郷がある。国道341号線から県道127号線に入り、坂道を登って行く。途中…

車中泊旅行

温泉巡り

ミニカ整備記録

その他

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system