軽自動車で車中泊&整備記録

お問い合わせ

HBD-H42Vミニカバンで車中泊しながら各地を旅行。愛車のメンテナンスと、源泉かけ流し温泉を中心に各地の名所巡りを紹介。

> > >

八九郎温泉

地図とアクセス

八九郎温泉は、秋田県鹿角郡小坂町にある地元の方専用の浴場である。
表に張り紙があり、公衆浴場法に規定されている入浴施設ではないとあり、関係者以外が使用した場合の事故、疾病等、一切責任は無いとあるが、実際問題ない。

ただし、決して不衛生な訳ではないし、見た感じ問題がある訳でも無さそうだ。
農作業を終えた地元の方が、ひとっ風呂浴びに来る感じである。


国道282号線を「野口」と書かれた標識の道へ入る。右にある赤い看板の方がよっぽど目印になるか…。
奥奥八九朗温泉 野口入口

道なりに進むと左方向へ橋があるので渡る。このまま真っ直ぐ進むと奥奥八九朗温泉へ行く。
奥奥八九朗温泉への入口

橋を渡ってすぐ右の細道へ入り、川沿いを上流方向へ進むと左側に見える。
道が舗装されていないので、進んでいくのが躊躇される。
八九朗温泉への道

車を数台駐車できるスペースがある。この一帯だけ色が茶色になっている。
温泉は駐車スペースの奥にあり、ここから歩いて行く。
八九朗温泉駐車スペース

ビニールハウスを利用して造られている。夜は真っ暗になるのかと思ったが、近くに外灯がある。
ただし、施設内には照明が無いようであった。迷惑になるし、夜は行かない方が良い。
八九朗温泉全景

入口には蚊帳があり、気を付けないと虫が入ってくる。
寸志を入れる箱があったので100円入れた。
施設内は男女別の内湯になっていて、脱衣所と浴室は分かれている。
八九朗温泉脱衣所

入浴

浴槽は広めで7~8人は入れそう。掃除もよく行き届いている。
八九朗温泉

奥奥八九朗温泉より下流域にあるためか、湯温は熱くもなく、温くもない。
八九朗温泉浴槽1

あふれた温泉は浴槽からそのまま施設の外へ排出されている。
八九朗温泉浴槽2

温泉は奥から24時間出ているようだ。
向こう側は女湯でどちらもここからお湯が出ている。
八九朗温泉湯口

泉質は無色透明で、舐めてみると鉄の成分の味がする。
近くにある奥奥八九朗温泉と同じようだ。
八九朗温泉 泉質

温泉成分で堆積物が付着している。
これが苦手な人もいるかもしれないが、これぞ源泉かけ流し。
八九朗温泉 堆積した析出物

ちょうど、地元の方が農作業を終えて来られたので、色々お話を聞くことができた。
ほとんどが地元の方で、よそ者が入浴に来ることなんて滅多にないそうだ。
八九朗温泉 浴槽洗い場

珍しさから奥奥八九朗温泉へ行く人も多いが、山道はちょっと…という人にはこちらがお勧め。
法律上の入浴施設としては要件を満たしていないかもしれないが、山中の勝手に噴き出している温泉よりは入浴しやすい。
あくまでも地元の方が使う施設であることを忘れずに。

周辺の温泉宿
越後大湯温泉 源泉湯の宿 かいり
大湯温泉 ホテル鹿角
大湯温泉 龍門亭 千葉旅館

基本データ

八九郎温泉
住所 秋田県鹿角郡小坂町 地図
営業時間 記載なし
入浴料 寸志
駐車場 あり(適当に停める)
手すり なし
シャワー なし
石鹸・シャンプー なし
備考 男女各内湯1。近くに民家あり。夜は遠慮するのがマナー。
関連記事
奥八九朗温泉

奥八九朗温泉
奥八九郎温泉は、秋田県鹿角郡小坂町にある野湯である。さらに奥へ進むと奥奥八九朗温泉があり、こちらの方が有名である。奥八九朗温泉は湯温が低く、泥が堆積しており、不衛生なため入る人はほとんどいない。奥…

奥奥八九朗温泉

奥奥八九朗温泉
奥奥八九郎温泉は、秋田県鹿角郡小坂町にある野湯である。昔、鉱山の試掘調査中に噴出したもので、国有林内にあり入浴は自己責任である。ただ、立ち入り禁止等の表示は無い。近くに奥八九朗温泉があるが、湯温…

新玉川温泉

新玉川温泉
新玉川温泉は玉川温泉から徒歩10分の距離にある温泉である。湯治向きの玉川温泉に対して、新玉川温泉は観光客向けに作られていて、源泉からの距離が遠いため玉川温泉よりも刺激が少なく入りやすい。新玉川温泉へ…

露天風呂 水沢温泉

露天風呂 水沢温泉
露天風呂 水沢温泉は、秋田県仙北市の田沢湖北東に位置する、水沢温泉郷にある温泉である。さらに奥へ進むと、田沢湖高原温泉郷と乳頭温泉郷がある。国道341号線から県道127号線に入り、坂道を登って行く。途中…

車中泊旅行

温泉巡り

ミニカ整備記録

その他

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system