軽自動車で車中泊&整備記録

お問い合わせ

HBD-H42Vミニカバンで車中泊しながら各地を旅行。愛車のメンテナンスと、源泉かけ流し温泉を中心に各地の名所巡りを紹介。

> > >

みちのく深沢温泉

地図とアクセス

みちのく深沢温泉は、青森県青森市大字駒込字深沢にある、日帰り入浴することも出来る温泉宿である。
八甲田山の北側に位置し、近くには近代的な施設に生まれ変わった八甲田温泉があり、こちらが人でごった返しているのとは対照的に、鄙びた温泉宿になっている。


雪中行軍遭難者銅像と田代牧場の間の県道40号線にある。
途中、大きな看板があるので、見落としたりはしない。
みちのく深沢温泉 入口

横の道に入って進んでいくと、人気のある建物はここしかない。手前には潰れたドライブイン?がある。先に進むと閉鎖した田代元湯へ続く。
みちのく深沢温泉 外観

中には薪が積んである。鄙び過ぎだ。こんな感じの温泉が大好きなので、大歓迎だけどね。
食事も提供していて、今月のランチが貼ってあった。
みちのく深沢温泉 受付

入浴

浴場に入ると中は湯気で真っ白。換気のための窓はあるのだが、出る湯気が多すぎる。
みちのく深沢温泉 浴槽1

内湯は仕切られていて、左右の浴槽で湯温が違う。
左の源泉の出ている方が広く、10人は余裕で入れる。右側は少し狭いが5から6人は入れる。
みちのく深沢温泉 浴槽2

泉質は硫酸塩泉。若干白味ががっていて、無色透明とはいかない。
前回訪れた時はもっと白かったような気がするが…。
湯口には、コップが置いてあって飲泉出来る。
みちのく深沢温泉 湯口

源泉の出ている浴槽の方が若干熱い。左側こちら側から溢れたお湯が向こうに貯まる。
とは言っても、どちらも適温の範囲である。
みちのく深沢温泉 浴槽3

内湯から外に出ると、小さいながらも露天風呂がある。
露天風呂は男女つながっていて、真中にすだれが掛けてあるだけ。
一応見えないようになっているが…。
みちのく深沢温泉 露天風呂

外なので、内湯よりも湯温が低く、長湯向きである。
みちのく深沢温泉 露天風呂 湯口

人が少なく、ゆったりと浸かるにはうってつけな温泉だ。
秘境温泉の雰囲気たっぷりである。
みちのく深沢温泉 露天風呂2

周辺の温泉宿
蔦温泉旅館
酸ヶ湯温泉旅館
酸ヶ湯温泉 八甲田ホテル

基本データ

みちのく深沢温泉
住所 青森県青森市大字駒込字深沢650 地図
営業時間 7:00~20:00
入浴料 400円
駐車場 あり
手すり なし
シャワー なし
石鹸・シャンプー なし
備考 内湯男女各1、露天男女各1
関連記事
奥薬研温泉 かっぱの湯

奥薬研温泉 かっぱの湯
奥薬研温泉 かっぱの湯は、青森県むつ市大畑町にある無料公衆浴場である。周囲から入浴者が見えることや混浴であったため、2010年3月に一時閉鎖した。のちに、屋根の設置や脱衣所の改修などの工事を行い、入浴…

恐山温泉

恐山温泉
恐山温泉は、青森県むつ市大字田名部字宇曽利山の霊場「恐山」にある温泉である。明治から昭和初期に存在した恐山鉱山の掘削時に噴出したもので、意外にも歴史はそこまで古くない。入浴料は無料であるが、恐山に…

湯坂温泉 しゃくなげ荘(廃業)源泉

湯坂温泉 しゃくなげ荘(廃業)源泉
しゃくなげ荘は、青森県むつ市大畑町国有林大尽山にあった温泉で、廃業している。恐山からの帰り道、偶然見かけたので寄ってみた。最初に述べておくが、入浴はできない。恐山から県道4号線を東へ進むと、道の途中…

ぬぐだまりの里 秘湯 八甲田温泉

ぬぐだまりの里 秘湯 八甲田温泉
青森県青森市にあった「八甲田温泉 遊仙」が新装オープンした温泉である。八甲田山北麓にあり、近くには酸ヶ湯温泉や、今は廃業してしまった有名な田代元湯などがある。県道40号線から県道242号線へ入る。大き…

東北温泉

東北温泉
東北温泉は日本一黒いモール泉と言われる温泉である。モール泉とは、植物起源の有機質を含んだ温泉のことで、昭和初期には十勝川温泉を含め世界で2か所しかないといわれていた。しかしその後、各地でモール泉が確…

車中泊旅行

温泉巡り

ミニカ整備記録

その他

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system