軽自動車で車中泊&整備記録

お問い合わせ

HBD-H42Vミニカバンで車中泊しながら各地を旅行。愛車のメンテナンスと、源泉かけ流し温泉を中心に各地の名所巡りを紹介。

> >

DIY シロアリ駆除奮闘記③ シロアリハンター使用後

シロアリ駆除の経験を積んだ

設置して1~2カ月もすると、どうしてもヒットしているか確かめたくなる。
フタを開けてみたが、こちらは駄目だった。
シロアリハンター 食いつきなし

「シロアリハンター」の説明書には「1~2カ月に1度はヒットしているか確認してください」旨の説明があるが、結論から言えば1度設置したら絶対に触ってはダメ。

ヒットしているシロアリハンターに触ってしまえば、シロアリが驚いて逃げてしまうからだ。
1度やらかしてしまい、せっかくヒットしたシロアリを刺激して逃がしてしまった。フタを開けた時に中の方で「カチカチ」と音がした。兵隊アリが警戒音を出して働きアリに警報を出していたのだ。
シロアリハンター 食いつく

ヒットしていないのならば確認しても問題ないだろうが、設置してしまったシロアリハンターがヒットしているかどうかは調べようがないのだ。

それに、紙が足らなくなるほど食べてくれたならば、巣を一つ全滅させるだけの量をシロアリに与えていると思う。

季節が過ぎて掘り返してヒットしていなければ諦める方が正解だと思う。つまり、それなりの数を設置しなければ効果は期待できない。

【送料無料】イカリ_シロアリハンター業務用(15個)

シロアリハンター設置結果

工務店に家の修繕を依頼したので、それまでほったらかしにしていたシロアリハンターの回収をした。1年間、抜けた床を放置していたんだけど…。
シロアリハンターを設置してから約1年間経ったことになる。

回収したシロアリハンターは、ヒットしたものとしなかったものがあった。
当たり前だけど…。
問題はヒット率で、2~3割くらいだった。蟻道のすぐ傍に設置してもヒットさせることは非常に困難である。これがネットで賛否が分かれる原因だろう。逆に言えば、ヒットさせれば効果があるということだ。

想像と違っていたのは、どれも少ししか食べられていないことだった。
てっきり全て食べつくされているものと思っていた。
ヒットしたものは、底にあった木の部分があらかた食べつくされていた。やはり、紙より木の方を好むようである。
また、蟻道に貼りつけるよりも、埋めた方が食いが良いような気がする。

ヒットしたもののフタを開けてみると中は土の塊だらけだった。
中で蟻道を作っていたようである。画像は一番食べられていたもの。
シロアリハンター 使用結果

回収した時に床下を調べてみたのだが、シロアリがいる気配はなかった。
家の木材を叩くと中で兵隊アリが「カチカチ」と顎を鳴らして警戒音を出していたので、試しに木材を叩いてみたのだが、何の音もしなかった。
一応、いなくなったと判断した。

結局、工務店の関係で業者に依頼したのでその後どうなっていたかは言及できない。
ヒット率から考えて、予防的に設置してヒットさせるのはむずかしいのでは?と思う。

DIYでシロアリハンターを使うのなら、春になったら、床下を覗いて蟻道の有無を確認し、仮に床に達する前の蟻道を運よく発見したら、シロアリハンターを蟻道の進む方向に設置して待ち伏せ出来れば、それが理想だと感じた。
ただし、蟻道を修復する一部始終を見たけど、蟻道を造るの速いよ。

関連記事
シロアリ駆除奮闘記① シロアリハンター使用まで

シロアリ駆除奮闘記① シロアリハンター使用まで
ある日、脱衣所の床が抜けた。実はこれで2回目。元々日当たりが悪く、湿気がこもりやすい場所だったので仕方ないことなのだと思っていた。2回目なのでDIYで修繕できないものかと抜け落ちた床を眺めていると、どこ…

シロアリ駆除奮闘記② シロアリハンター使用中

シロアリ駆除奮闘記② シロアリハンター使用中
シロアリ駆除には色々な方法があるだろう。家の修繕が自分の手に負えないと分かって、工務店に見積もりを頼んだ時に、シロアリ駆除業者もやってきて床下に潜った結果の費用がざっと十万円(20坪足らず)。この時…

車中泊旅行

温泉巡り

ミニカ整備記録

その他

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system