軽自動車で車中泊&整備記録

お問い合わせ

HBD-H42Vミニカバンで車中泊しながら各地を旅行。愛車のメンテナンスと、源泉かけ流し温泉を中心に各地の名所巡りを紹介。

> > >

ミニカ H42V Vベルト交換

ベルト切れたら立ち往生

Vベルトは、エンジンの回転を利用してオルタネーター(発電機)、ウォータポンプ、エアコン・コンプレッサー等を回している。エアコンはともかく、オルタネーターとウォーターポンプが回らなくなると、バッテリー切れかオーバーヒートのどちらかを起こすことになる。車で外出中に切れてからでは手遅れなのだ。
劣化が見られたら交換が鉄則。
車検に出すと、交換されているのも肯ける。

やはり、純正が一番安心できるが、6000円をオーバーする。
社外品でも、有名メーカーのモノならば、品質は同等だ。メーカーに卸してんだもん。

バンドー化学 リブエースベルト 4PK1540T 1本

三菱 Vベルト 純正品番 MR988922 代替品

エアクリーナーボックスとタイヤハウス・カバー外し

エアクリーナーボックスを外して、上と下から手を突っ込んで交換すれば作業がはかどる。
エアクリーナーボックス取り外しはポジションランプ交換参照
3G83エンジンの古いVベルト

右タイヤハウスのカバーを取り外す。もちろんタイヤも。力を加えるので、きちんとジャッキスタンドを掛けないと危ないよ。

タイヤハウスカバーは10㎜のボルトとプラネジで留まっている。
再使用しているとネジ山が潰れていくので、ストックがあった方が良い。

【スクリベット MB253964】 三菱系 10個

プラネジは、カバーの後ろ側にクリップリムーバー等を挟み込み、カバーを浮かせないと空回りしてうまく外せない。慣れなければ最初の難関だ。

AP 5PC リムーバーセット【プラスチックリムーバー 内装はがし】

ミニカ タイヤハウスのクリップ

カバーを外せたら、ベルトテンショナーとご対面。クランクプーリーの左のヤツ。
3G83ベルトテンショナー

ベルトテンショナーを緩める

ベルトテンショナーには1/2"(12.7㎜)の穴があり、ここにラチェットレンチか、スピンナーハンドルを入れ、反時計回りに回す。
3G83エンジンのベルトテンショナーを回す

長いスピンナーハンドルならば楽勝。短くても、男の力なら、そんなに大きな力は必要ない。
3G83 ベルトテンショナーを反時計方向に回す

後ろの穴と手前の穴が同じ位置に来たら、ドライバー等を差し込んで固定。
これでベルトを外せる。
3G83 ベルトテンショナーの固定

ベルトを外す前に、掛かっていた位置をしっかりと把握しておく。

Vベルト交換

ベルト交換自体は難しくない。
なかなか、うまく引っかからず、少し時間がかかるだけだ。
3G83エンジンのウォーターポンプとテンショナー

ベルト交換出来る状態に部品を外すまでが、余程手間がかかる。
VベルトMR988922を新品に交換

新品のベルトを掛け、ベルトが各プーリーの溝にしっかりはまっているかを確認。

元に戻す

ドライバーを抜いて、テンショナーを元の状態に戻し、ベルトにテンションを掛ける。

エアクリーナーボックスとタイヤハウスカバーを取り付けて終了。
プラネジの穴が絶対変形するんだよな~。プラネジについてはエンジンマウント交換のページでも触れている。

交換してみて

  • 初めてタイヤハウスカバーを外した時は、プラネジ外しが大変だった。
  • ベルト交換は超簡単だった。
  • 交換したベルトは、商品レビューを見ても純正部品と遜色ないようだ。
  • 前のオーナーが残した車検費用の内訳を見ると、工賃込みで13000円だって。
関連記事
三菱純正オイルフィルター 1230A040

エンジンオイル&オイルフィルター交換
車を所有していてオイル交換をしたことのない人はあまりいないと思う。実は、以前所有していたミラバンのオイル交換をほとんどしていなかった。130000㎞乗った内、長距離旅行前の2~3回交換した記憶があ…

ミッションオイル交換

ミッションオイル交換
ギアを繋いだ時の感じがいつもと違う様な気がした。前回のミッションオイル交換は、ドライブシャフトブーツを交換した時だから、すでに70000㎞位走っているはずだ。メンテナンスノートを見てみると、100000㎞…

エアエレメント交換

エアエレメント交換
エアエレメントを交換するにはエアクリーナーボックスを外さなければならない。エアクリーナーボックスを外すためには、エアインテークレゾナンスタンクとエアダクトを取外さなければならない。他のメーカーでは…

スパークプラグ交換

スパークプラグ交換
プラグメーカーのサイトでは10000㎞で交換とあるが…。こちらはすでに70000㎞突破!。エアインテークタンクに1カ所のバンド、エアダクトに2カ所のクランプが着いているので、ドライバーまたはレンチで緩めてお…

10万キロ走行したノーマルプラグ

10万キロ走行したノーマルプラグ 新旧比較
長寿命のイリジウムプラグの話ではない…。前回の交換が70000㎞だったので、今回も同じくらいの距離数で交換しようと思っていたら、ついつい放ったらかしにしてしまった。放ったらかしついでに10万キロ無交換の…

パワステオイル交換

パワーステアリングオイル交換
パワーステアリングオイルはサービスマニュアルでは基本的に無交換。それでも、オイルが劣化すると漏れの原因になるとのこと。オイルを半分抜く→新しいオイルを注ぎ足し→ハンドルを回してオイル循環、を繰り返…

エンジンマウント交換

エンジンマウント交換
車を加速させるとエンジンルームから「キュキュ」っと音がする。ある日、エンジンを横に揺すってみるとグラグラ。原因はエンジンマウント。これも定期交換部品の一つで125000㎞での交換になったが、どのミニ…

Vベルト交換

Vベルト交換
Vベルトは、エンジンの回転を利用してオルタネーター(発電機)、ウォータポンプ、エアコン・コンプレッサー等を回している。エアコンはともかく、オルタネーターとウォーターポンプが回らなくなると、バッテリー…

タイミングベルト交換① ベルトカバーまで

タイミングベルト交換① ベルトカバーまで
基本は100000㎞で交換だが…走行距離100000㎞手前でディーラーへ出向き、タイミングベルト交換について相談したところ、「見てみましたが、まだ大丈夫です。」とのお言葉を頂戴したので、時々タイミングベルト…

タイミングベルト交換② ベルト外し

タイミングベルト交換② ベルト外し
タイミングベルトカバーを外す。1本だけ長いボルトがあるので取り付け箇所に注意。ようやくタイミングベルトが見えた。クランクシャフトに付いているクランク角センサーのセンシングプレートを外す。クランク角セ…

タイミングベルト交換③ オイルシール交換

タイミングベルト交換③ オイルシール交換
シール交換をする前にエンジンオイルを抜いておく。金属プレートを取り外す。何故か液体ガスケットが塗ってあった。振動による音防止のためか?カムシャフトオイルシールを取り外そうとするが、固くてビクとも…

タイミングベルト交換④ ベルト取り付け

タイミングベルト交換④ ベルト取り付け
新しいベルトテンショナーを取り付ける。プレーバーを使って、奥まで移動させてボルトを締めて仮止めする。クランクシャフトの金属プレートを取り付ける部分(断面の薄く赤い部分)には液体ガスケットが塗ってあっ…

ウォーターポンプ交換

ウォーターポンプ交換
タイミングベルト取り外しまで、まったく同じ工程なので省略。タイミングベルト交換時に一緒に交換する所以だ。車の前から覗き込み、ラジエーター横にあるプラスチック製のドレンコックを回す。冷却水が流れ落ち…

車中泊旅行

温泉巡り

ミニカ整備記録

その他

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system