軽自動車で車中泊&整備記録

お問い合わせ

HBD-H42Vミニカバンで車中泊しながら各地を旅行。愛車のメンテナンスと、源泉かけ流し温泉を中心に各地の名所巡りを紹介。

> > >

ミニカ H42V 3G83 タイミングベルト交換③ (オイルシール交換)

カムシャフトオイルシール交換

シール交換をする前にエンジンオイルを抜いておく。

金属プレートを取り外す。何故か液体ガスケットが塗ってあった。
振動による音防止のためか?
3G83エンジン カムシャフトプーリー取り外し

カムシャフトオイルシールを取り外そうとするが、固くてビクともしない。
木ねじを2本ねじ込んで、プライヤーで思いっきり引っ張ってやっと抜けた。
3G83エンジン カムシャフトオイルシール

新しいオイルシールを取り付ける。

武蔵オイルシール カムシャフトオイルシール F6310

3G83エンジン カムシャフトオイルシール取り付け

準備していた塩ビパイプとプラスチックハンマーで打ちこんでいく。
3G83エンジン カムシャフトオイルシール打ち込み

クランクシャフトオイルシール交換

木ねじをねじ込んで、プライヤーで引っ張るが場所的に力が入りづらいので、ピックアップツールでこじりながら抜いた。

AP 4PC ピック&フックセット【アストロプロダクツ】

3G83エンジン クランクシャフトオイルシール取り外し

体重をかけても中々外れないが、やっているうちに「スコっ」と抜けて転びそうになる。
3G83エンジン クランクシャフト

新品のクランクオイルシールを取り付ける。

武蔵オイルシール クランクシャフトオイルシール フロント F6314

塩ビパイプとプラハンで打ちこんでいくが、シール上部は車体が邪魔で打ちにくいので、途中から切断した「かまぼこ板」を使って打ち込んだ。
塩ビパイプを5㎝にくらいにカットすればうまく行きそうだ。
3G83エンジン クランクシャフトオイルシール取り付け

ディーラーで購入した、オイルシールに付属していた金具も取り付ける。
オイルパンのボルトが外しにくかった。締め付けトルクは、別紙に書かれていた。
3G83エンジン クランクシャフトオイルシール取り付け金具

オイルポンプオイルシール交換

オイルポンプシールからは、オイル漏れしていた。
やはり、ある程度の距離を乗ると、シールからのオイル漏れは避けられないか…。
他のオイルシールからの漏れも、時間の問題なのだろう。現時点で漏れていないかと言って数百円の部品をケチると、後で余計な労力を強いられることになる。
3G83エンジン オイルポンプからのオイル漏れ

オイルポンプシールの交換も作業しにくい。
オイルポンプパッキンも交換するので、カバーを丸ごと外した。
3G83エンジン オイルポンプカバー取り外し

カバーは、ボルト5本で留っている。一番下と左上のボルト2本が長い。
外すときにギアも一緒に外れてしまった。
3G83エンジン オイルポンプの中

オイルポンプパッキンは、硬化してエンジンにべったり張り付いていた。
交換してよかった。シール交換作業しにくいことが幸いした。
エンジンに張り付いたオイルポンプパッキン

シールを取り外す。こちらはピックアップツールだけで外せた。
3G83エンジン オイルポンプシール取り外し

塩ビパイプを新品のオイルシールに当て、プラスチックハンマーで打ち込む。

武蔵オイルシール オイルポンプオイルシール F4226

3G83エンジン オイルポンプシール打ち込み

オイルポンプパッキンを取り付け、もとに戻す。

大野ゴム/OHNO オイルポンプパッキン YH-0520

3G83エンジン オイルポンプパッキン取り付け

ここで注意!
オイルポンプギアには合わせマークがあり、ギアをはめ込む時に正確に合わせないとバランサーシャフトのタイミングが合わず、エンジン振動の原因になる。
タイミングベルト交換後、3か所の合いマークが合っているのにエンジンの調子がおかしい時には、オイルポンプギアが正確にセットされていない可能性がある。
3G83エンジン オイルポンプのギア合わせマーク

ウォータポンプ交換

オイルシール交換後にウォーターポンプも交換した。ウォーターポンプ交換参照。
作業して改めて思ったが、タイミングベルト交換時にすべて同時に交換するべきだ。ウォータポンプだけのために、この作業をするのはしんどい。

セット買いすると選べないが、単品だと結構選べる。

ウォーターポンプ WPM-060 アイシン ミツビシ

交換してみて

  • 古いオイルシールの引き抜きには想像以上の力が必要だった。
  • クランクオイルシールの打ち込みは場所が狭く、プラスチックハンマーでの打ち込みが困難だった。
  • オイルポンプシールの交換は、丸ごと取り外した方が作業が楽だ。
  • オイルポンプのパッキンがあんなことになっているとは思わなかった。
タイミングベルト交換④ ベルト取り付け

タイミングベルト交換④ ベルト取り付け
新しいベルトテンショナーを取り付ける。プレーバーを使って、奥まで移動させてボルトを締めて仮止めする。クランクシャフトの金属プレートを取り付ける部分(断面の薄く赤い部分)には液体ガスケットが塗ってあっ…

関連記事
エンジンオイル&オイルフィルター交換

エンジンオイル&オイルフィルター交換
車を所有していてオイル交換をしたことのない人はあまりいないと思う。実は、以前所有していたミラバンのオイル交換をほとんどしていなかった。130000㎞乗った内、長距離旅行前の2~3回交換した記憶があ…

ミッションオイル交換

ミッションオイル交換
ギアを繋いだ時の感じがいつもと違う様な気がした。前回のミッションオイル交換は、ドライブシャフトブーツを交換した時だから、すでに70000㎞位走っているはずだ。メンテナンスノートを見てみると、100000㎞…

エアエレメント交換

エアエレメント交換
エアエレメントを交換するにはエアクリーナーボックスを外さなければならない。エアクリーナーボックスを外すためには、エアインテークレゾナンスタンクとエアダクトを取外さなければならない。他のメーカーでは…

スパークプラグ交換

スパークプラグ交換
プラグメーカーのサイトでは10000㎞で交換とあるが…。こちらはすでに70000㎞突破!。エアインテークタンクに1カ所のバンド、エアダクトに2カ所のクランプが着いているので、ドライバーまたはレンチで緩めてお…

10万キロ走行したノーマルプラグ

10万キロ走行したノーマルプラグ 新旧比較
長寿命のイリジウムプラグの話ではない…。前回の交換が70000㎞だったので、今回も同じくらいの距離数で交換しようと思っていたら、ついつい放ったらかしにしてしまった。放ったらかしついでに10万キロ無交換の…

パワステオイル交換

パワーステアリングオイル交換
パワーステアリングオイルはサービスマニュアルでは基本的に無交換。それでも、オイルが劣化すると漏れの原因になるとのこと。オイルを半分抜く→新しいオイルを注ぎ足し→ハンドルを回してオイル循環、を繰り返…

エンジンマウント交換

エンジンマウント交換
車を加速させるとエンジンルームから「キュキュ」っと音がする。ある日、エンジンを横に揺すってみるとグラグラ。原因はエンジンマウント。これも定期交換部品の一つで125000㎞での交換になったが、どのミニ…

Vベルト交換

Vベルト交換
Vベルトは、エンジンの回転を利用してオルタネーター(発電機)、ウォータポンプ、エアコン・コンプレッサー等を回している。エアコンはともかく、オルタネーターとウォーターポンプが回らなくなると、バッテリー…

タイミングベルト交換① ベルトカバーまで

タイミングベルト交換① ベルトカバーまで
基本は100000㎞で交換だが…走行距離100000㎞手前でディーラーへ出向き、タイミングベルト交換について相談したところ、「見てみましたが、まだ大丈夫です。」とのお言葉を頂戴したので、時々タイミングベルト…

タイミングベルト交換② ベルト外し

タイミングベルト交換② ベルト外し
タイミングベルトカバーを外す。1本だけ長いボルトがあるので取り付け箇所に注意。ようやくタイミングベルトが見えた。クランクシャフトに付いているクランク角センサーのセンシングプレートを外す。クランク角セ…

タイミングベルト交換③ オイルシール交換

タイミングベルト交換③ オイルシール交換
シール交換をする前にエンジンオイルを抜いておく。金属プレートを取り外す。何故か液体ガスケットが塗ってあった。振動による音防止のためか?カムシャフトオイルシールを取り外そうとするが、固くてビクとも…

タイミングベルト交換④ ベルト取り付け

タイミングベルト交換④ ベルト取り付け
新しいベルトテンショナーを取り付ける。プレーバーを使って、奥まで移動させてボルトを締めて仮止めする。クランクシャフトの金属プレートを取り付ける部分(断面の薄く赤い部分)には液体ガスケットが塗ってあっ…

ウォーターポンプ交換

ウォーターポンプ交換
タイミングベルト取り外しまで、まったく同じ工程なので省略。タイミングベルト交換時に一緒に交換する所以だ。車の前から覗き込み、ラジエーター横にあるプラスチック製のドレンコックを回す。冷却水が流れ落ち…

車中泊旅行

温泉巡り

ミニカ整備記録

その他

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system