軽自動車で車中泊&整備記録

お問い合わせ

HBD-H42Vミニカバンで車中泊しながら各地を旅行。愛車のメンテナンスと、源泉かけ流し温泉を中心に各地の名所巡りを紹介。

> > >

ミニカ H42V スパークプラグ交換

そろそろプラグ交換時期

プラグメーカーのサイトでは10000㎞で交換とあるが…。
こちらはすでに70000㎞突破!。

NGK スパークプラグ ZFR5F-11 2262 1個

DENSO スパークプラグ KJ16CR-U11(V9110-3311) 1本箱入

交換するプラグは前と別のモノ。
ミニカ 3G83 エンジン 点火プラグ ZFR5F-11

エアインテークタンク取り外し

エアインテークレゾナンスタンクとエアダクトを取り外す。
エアインテークタンクに1カ所のバンド、エアダクトに2カ所のクランプが付いているので、ドライバーまたはレンチで緩めておく。
エアクリーナー交換と一緒にした方が効率が良い。
ミニカ エアインテークタンク

エアダクトを取り外す。エアクリーナーボックスを割らない様に注意する。
ミニカ エアダクト 取り外し

エアインテークレゾナンスタンクのネジ3か所も外してタンクを取り外す。
この時、エアインテークタンク右上のブローバイホースも引き抜いておく。
元に戻すときに付け忘れないように。
ミニカ エアインテークタンク 移動

タンクを取り外した。外さなくても作業は出来る。
目の前にはイグニッションコイルが3つ、コネクタに繋がっている。
ミニカ エアインテークタンク 取り外し

イグニッションコイル取り出し

イグニッションコイルのコネクタはストッパーを解除して外す。
イグニッションコイル コネクタ

ホースが邪魔して、真ん中が作業しづらい。
イグニッションコイルは、それぞれボルト2本で止められているので、ボルトを外す。
イグニッションコイル コネクタ 取り外し

慎重にイグニッションコイルを引き抜く。
イグニッションコイル 引き抜き

壊れやすいそうなので、無理に引っ張ったりしないこと。
イグニッションコイルも消耗品と割り切った方が良い。エンジン不調の原因の1つだ。

ミニカ トッポBJ H42V H42A イグニッションコイル MD346383

ミニカ 3G83 イグニッションコイル

プラグ取り出し

ミツビシの3G83エンジンのプラグホールは特に狭く、専用のプラグレンチでないと入らない。
また、エクステンションバーが無ければ奥まで届かない。

AP 3/8 プラグソケット 16mm マグ 薄型

三菱軽自動車専用 プラグレンチ

いよいよプラグを抜く。画像を見て分かるように、エクステンションバーは長めのモノが必要。
ゴミがプラグホール内に入らないように注意。

AP 3/8DR エクステンションバー 150mm

プラグレンチによるプラグ引き抜き

古いプラグを取り外せた。この専用レンチには磁石がセットされていて、プラグがくっついてくる。磁石仕様でなければ、取り出すのに苦労する。
ミニカ プラグ 取り出し

プラグ新旧比較。ネジ部の汚れはオイルか?
プラグ 新旧比較

旧品は自分で取り付けたものではないので、単純比較は出来ない。
絶縁体の長さが全然違うのはメーカーの差か。先端のギャップも広くなってる。でもまあ、70000km使用ならこんなもんかな?
でも、いくらなんでも10000㎞での交換は早いでしょ?
プラグ 新旧比較 拡大

新しいプラグ装着

新しいプラグをプラグレンチに取り付ける。磁石仕様なので、このままプラグホールへ挿し込む。
プラグのパッキンがエンジンに当たるまで手で締め付ける。
プラグとプラグレンチ

ここからが取り付けの本番。
さらにラチェットレンチを取り付けて180°~240°の間で締め付ける。
プラグ 取り付け

3本目の締めつけ。プラグの締めつけ方法は、プラグメーカーのホームページで解説している。
本当はトルクレンチで正確な値で締めつけたいが、角度での取り付けで問題無い。
ミニカ 3G83 プラグ 締め付け

イグニッションコイル、その他を逆の順に取り付けて終了。

(追記)
今回交換したこのプラグ、次に交換したのは10万キロ走行後になった。
プラグの電極がスゴイことになってました。
10万キロ走行したノーマルプラグ 新旧比較

交換してみて

  • プラグまで辿り着くのが面倒くさかった。
  • プラグのの締め付けはホームページでしっかり確認したが、角度での締め付けか、トルクレンチでの締め付けか迷った挙句角度で締めることにした。
  • エンジンをかける時ドキドキしたが、あっさりとかかり安心した。
  • その後、特に何の問題もなく走っている。
関連記事
エンジンオイル&オイルフィルター交換

エンジンオイル&オイルフィルター交換
車を所有していてオイル交換をしたことのない人はあまりいないと思う。実は、以前所有していたミラバンのオイル交換をほとんどしていなかった。130000㎞乗った内、長距離旅行前の2~3回交換した記憶があ…

ミッションオイル交換

ミッションオイル交換
ギアを繋いだ時の感じがいつもと違う様な気がした。前回のミッションオイル交換は、ドライブシャフトブーツを交換した時だから、すでに70000㎞位走っているはずだ。メンテナンスノートを見てみると、100000㎞…

エアエレメント交換

エアエレメント交換
エアエレメントを交換するにはエアクリーナーボックスを外さなければならない。エアクリーナーボックスを外すためには、エアインテークレゾナンスタンクとエアダクトを取外さなければならない。他のメーカーでは…

スパークプラグ交換

スパークプラグ交換
プラグメーカーのサイトでは10000㎞で交換とあるが…。こちらはすでに70000㎞突破!。エアインテークタンクに1カ所のバンド、エアダクトに2カ所のクランプが着いているので、ドライバーまたはレンチで緩めてお…

10万キロ走行したノーマルプラグ

10万キロ走行したノーマルプラグ 新旧比較
長寿命のイリジウムプラグの話ではない…。前回の交換が70000㎞だったので、今回も同じくらいの距離数で交換しようと思っていたら、ついつい放ったらかしにしてしまった。放ったらかしついでに10万キロ無交換の…

パワステオイル交換

パワーステアリングオイル交換
パワーステアリングオイルはサービスマニュアルでは基本的に無交換。それでも、オイルが劣化すると漏れの原因になるとのこと。オイルを半分抜く→新しいオイルを注ぎ足し→ハンドルを回してオイル循環、を繰り返…

エンジンマウント交換

エンジンマウント交換
車を加速させるとエンジンルームから「キュキュ」っと音がする。ある日、エンジンを横に揺すってみるとグラグラ。原因はエンジンマウント。これも定期交換部品の一つで125000㎞での交換になったが、どのミニ…

Vベルト交換

Vベルト交換
Vベルトは、エンジンの回転を利用してオルタネーター(発電機)、ウォータポンプ、エアコン・コンプレッサー等を回している。エアコンはともかく、オルタネーターとウォーターポンプが回らなくなると、バッテリー…

タイミングベルト交換① ベルトカバーまで

タイミングベルト交換① ベルトカバーまで
基本は100000㎞で交換だが…走行距離100000㎞手前でディーラーへ出向き、タイミングベルト交換について相談したところ、「見てみましたが、まだ大丈夫です。」とのお言葉を頂戴したので、時々タイミングベルト…

タイミングベルト交換② ベルト外し

タイミングベルト交換② ベルト外し
タイミングベルトカバーを外す。1本だけ長いボルトがあるので取り付け箇所に注意。ようやくタイミングベルトが見えた。クランクシャフトに付いているクランク角センサーのセンシングプレートを外す。クランク角セ…

タイミングベルト交換③ オイルシール交換

タイミングベルト交換③ オイルシール交換
シール交換をする前にエンジンオイルを抜いておく。金属プレートを取り外す。何故か液体ガスケットが塗ってあった。振動による音防止のためか?カムシャフトオイルシールを取り外そうとするが、固くてビクとも…

タイミングベルト交換④ ベルト取り付け

タイミングベルト交換④ ベルト取り付け
新しいベルトテンショナーを取り付ける。プレーバーを使って、奥まで移動させてボルトを締めて仮止めする。クランクシャフトの金属プレートを取り付ける部分(断面の薄く赤い部分)には液体ガスケットが塗ってあっ…

ウォーターポンプ交換

ウォーターポンプ交換
タイミングベルト取り外しまで、まったく同じ工程なので省略。タイミングベルト交換時に一緒に交換する所以だ。車の前から覗き込み、ラジエーター横にあるプラスチック製のドレンコックを回す。冷却水が流れ落ち…

車中泊旅行

温泉巡り

ミニカ整備記録

その他

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system