軽自動車で車中泊&整備記録

お問い合わせ

HBD-H42Vミニカバンで車中泊しながら各地を旅行。愛車のメンテナンスと、源泉かけ流し温泉を中心に各地の名所巡りを紹介。

> > >

ミニカ H42V エンジンオイル&オイルフィルター交換

車メンテナンスの基本中の基本

車を所有していてオイル交換をしたことのない人はあまりいないと思う。

実は、以前所有していたミラバンのオイル交換をほとんどしていなかった。
130000㎞乗った内、長距離旅行前の2~3回交換した記憶がある。そんな車の使い方をしていてもエンジントラブルに見舞われたことはベルトが切れたくらいで、オイル漏れ等、エンジン本体のトラブルは無かった。

100000㎞で廃車にするなら問題ないが、愛車に永く乗り続けることを考えると、最低でもメーカー推奨の定期的なオイル交換は非常に大切なことだと今更思う。
オイル交換をあまりしない人は、エンジンのオイルキャップを取り外して中を覗いて見ると良い。

オイル交換時期

サービスマニュアルによると10000㎞、又は12カ月で交換とあるが、シビアコンディションでは5000㎞、6か月で交換とある。
余程短期間に長距離乗るドライバーでなければ、ほとんどのドライバーは後者に当てはまると思う。

5000㎞ごとに交換しているので、期間にすると2ヵ月半に1回交換している。オイル粘度は、冬は5w-30、それ以外の季節は10w-30にしている。変えた時の実感は全くないが。

オイルフィルター交換はオイル交換2回に1回。
その時の気分で純正品にしたり、社外品にしたりしている。
やはり、純正のフィルターが一番良い仕事をする。

三菱純正 オイルフィルター 純正品番 1230A040

三菱純正オイルフィルター 1230A040

純正同等品のオイルフィルター。使ってみたけど問題なし。

PIAA オイルフィルター PM12

格安オイルフィルターも使ったことがある。セールの時に買いだめして使ってたりする。

AP オイルフィルター A-335

このオイルフィルターは値段の安さの割には良い品だと思う。ただ、純正品のようにオイル交換2回に1回の交換だと、少し厳しいかな?
オイル交換時に交換するのが効果的な使い方だと思う。

オイル抜き

車の前面から下を覗き込むと、オイルパンが見える。ドレンボルトを確認。
ミニカ3G83エンジンのオイルパン

17㎜ドレンボルトを回して外す。
たかがドレンボルトと言っても、軽い力では回ってくれない。他の作業も考えると、それなりの工具があった方が便利だ。

AP 1/2DR スピンナーハンドル 440mm【アストロプロダクツ】

ボルトを緩めたからと言ってすぐにオイルが噴出してくるわけではない。ボルトが外れた瞬間にオイルが勢いよく出てくるので、下でオイルを受ける。
手がオイルまみれになるかどうか、この瞬間にかかっている。何十年もやってる作業なのに、時々失敗して手だけでなく、地面までオイルまみれにしてしまって処理に往生する。
ミニカ3G83エンジン ドレンボルトを外したオイルパン

ホームセンターで廃油ボックスを売っているが、勿体ないので、コンビニで貰ったビニール袋に、使ったティッシュ等を貯めておいて廃油ボックス代わりに使っている。ボルトを外す時もビニール越しでやるので手が汚れないで済む。
3G83エンジンからのオイル抜き

ミニカの場合、前輪を低くするとオイルフィルター内のオイルも抜けるので、この後オイルフィルター交換する時にオイルまみれになるのを防げる。
ただし、このまま暫く放置しなければならない。

オイルフィルター交換

オイルが十分に抜けたらオイルフィルターの交換だが、ミニカの場合オイルフィルターの場所はエンジン裏側にあるため、車の下に潜り込んだ方が作業がスムーズに行える。
古いオイルフィルター

下に潜るのが嫌な人は、右前輪を外せばオイルフィルターまで手が届く。
ただし、どちらにしても車をジャッキアップしなければならない。
オイルフィルターの右前輪からの取り外し

車載ジャッキで支えた状態で、車の下に潜るのは超危険。
自分で車のメンテナンス作業を行うなら、遅かれ早かれ必要になる。

ジャッキスタンド 2t 馬ジャッキ リジットラック

BAL フロアジャッキ2トン 1336

油圧ジャッキとジャッキスタンド

オイルフィルターは径の合ったフィルターレンチがないと、手ではまず取り外せない。
オイルフィルターレンチが別途必要。

AP オイルフィルターレンチカップ 68mm 14角

オイルフィルターレンチを使ってオイルフィルターを外す

オイルフィルターを取り外したら、取り付け口周辺を綺麗に拭いておく。
オイルフィルターの取り付け場所

オイルフィルターを取り付ける前に、フィルターのパッキン部分に新しいエンジンオイルを塗布する。こうすることでフィルターからのエンジンオイル漏れを防ぐ。
三菱純正オイルフィルター1230A040の下準備

取り付ける時の締め付け具合は、手で力いっぱい締めればOK。これがオイルフィルターによっては、次第に緩んでオイル漏れの原因になるので、フィルターレンチで締めなければならない。
三菱純正オイルフィルター1230A040の取り付け

オイル注入

ドレンボルトをしっかり締めることを忘れずに(締め付けトルクは39.2±5N・m)。

オイルキャップに”OIL”とあるにもかかわらず、冷却水を入れる人もいるそうだ。
注入するオイルはオイルジョッキ等で事前に測っておいた方が、オイルの入れ過ぎを防げる。オイル不足同様に、オイル過多もエンジンに悪影響があるので要注意。
ミニカ3G83エンジンオイル注入口

メンテナンスノートにはエンジンオイル容量は3.2Lとあるが、実際にはそんなに入らない。
2.5LでオイルレベルゲージLow少し上くらい。
ちなみにオイルジョッキを持っていないので、4Lのペットボトルを使っている。
ミニカ3G83エンジンオイル注入

オイル漏れが無いかチェックしてから、オイルレベルゲージを見て、オイルが付着している位置がLOWとHIGHの間のあれば、規定量のオイルが入っていることが確認出来る。
新品のエンジンオイルは綺麗なので確認しにくい。
ミニカ3G83 オイルレベルゲージ

ドレンボルトからオイルが漏れているようなら、新品に交換することになる。

ミツビシ 三菱 MITSUBISHI 車用エンジンオイルオイルパンドレンプラグ YH-0119

交換して

  • 安物オイルを使っているので、交換後の実感は無い。
    高価なオイルを使えば実感できるとも思っていない。
  • オイル交換に限らず、自分でメンテナンスすれば車への愛情も増すというもの。
関連記事
三菱純正オイルフィルター 1230A040

エンジンオイル&オイルフィルター交換
車を所有していてオイル交換をしたことのない人はあまりいないと思う。実は、以前所有していたミラバンのオイル交換をほとんどしていなかった。130000㎞乗った内、長距離旅行前の2~3回交換した記憶があ…

ミッションオイル交換

ミッションオイル交換
ギアを繋いだ時の感じがいつもと違う様な気がした。前回のミッションオイル交換は、ドライブシャフトブーツを交換した時だから、すでに70000㎞位走っているはずだ。メンテナンスノートを見てみると、100000㎞…

エアエレメント交換

エアエレメント交換
エアエレメントを交換するにはエアクリーナーボックスを外さなければならない。エアクリーナーボックスを外すためには、エアインテークレゾナンスタンクとエアダクトを取外さなければならない。他のメーカーでは…

スパークプラグ交換

スパークプラグ交換
プラグメーカーのサイトでは10000㎞で交換とあるが…。こちらはすでに70000㎞突破!。エアインテークタンクに1カ所のバンド、エアダクトに2カ所のクランプが着いているので、ドライバーまたはレンチで緩めてお…

10万キロ走行したノーマルプラグ

10万キロ走行したノーマルプラグ 新旧比較
長寿命のイリジウムプラグの話ではない…。前回の交換が70000㎞だったので、今回も同じくらいの距離数で交換しようと思っていたら、ついつい放ったらかしにしてしまった。放ったらかしついでに10万キロ無交換の…

パワステオイル交換

パワーステアリングオイル交換
パワーステアリングオイルはサービスマニュアルでは基本的に無交換。それでも、オイルが劣化すると漏れの原因になるとのこと。オイルを半分抜く→新しいオイルを注ぎ足し→ハンドルを回してオイル循環、を繰り返…

エンジンマウント交換

エンジンマウント交換
車を加速させるとエンジンルームから「キュキュ」っと音がする。ある日、エンジンを横に揺すってみるとグラグラ。原因はエンジンマウント。これも定期交換部品の一つで125000㎞での交換になったが、どのミニ…

Vベルト交換

Vベルト交換
Vベルトは、エンジンの回転を利用してオルタネーター(発電機)、ウォータポンプ、エアコン・コンプレッサー等を回している。エアコンはともかく、オルタネーターとウォーターポンプが回らなくなると、バッテリー…

タイミングベルト交換① ベルトカバーまで

タイミングベルト交換① ベルトカバーまで
基本は100000㎞で交換だが…走行距離100000㎞手前でディーラーへ出向き、タイミングベルト交換について相談したところ、「見てみましたが、まだ大丈夫です。」とのお言葉を頂戴したので、時々タイミングベルト…

タイミングベルト交換② ベルト外し

タイミングベルト交換② ベルト外し
タイミングベルトカバーを外す。1本だけ長いボルトがあるので取り付け箇所に注意。ようやくタイミングベルトが見えた。クランクシャフトに付いているクランク角センサーのセンシングプレートを外す。クランク角セ…

タイミングベルト交換③ オイルシール交換

タイミングベルト交換③ オイルシール交換
シール交換をする前にエンジンオイルを抜いておく。金属プレートを取り外す。何故か液体ガスケットが塗ってあった。振動による音防止のためか?カムシャフトオイルシールを取り外そうとするが、固くてビクとも…

タイミングベルト交換④ ベルト取り付け

タイミングベルト交換④ ベルト取り付け
新しいベルトテンショナーを取り付ける。プレーバーを使って、奥まで移動させてボルトを締めて仮止めする。クランクシャフトの金属プレートを取り付ける部分(断面の薄く赤い部分)には液体ガスケットが塗ってあっ…

ウォーターポンプ交換

ウォーターポンプ交換
タイミングベルト取り外しまで、まったく同じ工程なので省略。タイミングベルト交換時に一緒に交換する所以だ。車の前から覗き込み、ラジエーター横にあるプラスチック製のドレンコックを回す。冷却水が流れ落ち…

車中泊旅行

温泉巡り

ミニカ整備記録

その他

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system