軽自動車で車中泊&整備記録

お問い合わせ

HBD-H42Vミニカバンで車中泊しながら各地を旅行。愛車のメンテナンスと、源泉かけ流し温泉を中心に各地の名所巡りを紹介。

> > >

ミニカ H42V ミッションオイルシール交換

ミッションケースからオイル漏れ

ユーザー車検が終わって暫くして、ミッションケースの下がオイルまみれになっていた。
車検後で良かった。車検前だと面倒になる。

周辺に漂う臭いを嗅いで、すぐにミションオイルだと分かった。
最初は、以前交換したギアシフトシャフトのオイルシールから漏れているのだと思い込んでいた。
オイルを拭き取って、再度確認したところドライブシャフトのオイルシールと判明。
オイル漏れの個所の特定は慎重に行わなければいけないと実感した。

ミッションオイルシール

三菱部品販売で購入した。常に幾つかストックしてあるそうだ。
純正品番MD707184 オイルシール/ミッショントランス \400
ミッションオイルシール

社外品もしっかり用意されている。
純正品番が分からなかったから純正にしたが、また漏れたらこっちにする。

武蔵オイルシール工業 オイルシール(ミツビシ)F4120 1個

Koyo オイルシールMI4120 1枚

オイル漏れは左右両側から。時期的にちょうど良かった。
交換にはミッションオイルを抜く必要があるので、片方ずつ交換していると面倒だ。

この、たった400円の部品を交換するためには、ドライブシャフトを引き抜かなければならないため、修理工場に頼めば万単位の費用がかかるだろう。

足回りの取り外し

タイヤを外して、ブレーキキャリパーの下側のスライドピンを外して引き上げ、ブレーキローターを取り外す。ブレーキキャリパーも取り外す。
キャリパーにはブレーキホースが付いているのでサスペンションに引っかけておく。
ブレーキローター取り外し

次に外すボルトは4か所で、すべて17㎜。
タイロッドエンド部、ロアアームボールジョイント部にそれぞれ1か所、サスペンション2か所。
ミニカ ストラット

タイロッドエンドはナックルにがっちり固定されていて、ボルトを外してもビクともしない。
以前、ディーラーの整備士が、ハンマーで叩いて外している職人芸的な技を見たことがあるが、素人には専用工具のタイロッドエンドプーラーが無いと難しい。

AP タイロッドエンドプーラー TL204

タイロッドエンドとナックルの隙間に挟み込んで、ラチェトレンチで少しづつ締めこんでいくと、突然「ガコッ」と大きな音がしてタイロッドエンドが外れる。
ミニカ タイロッドエンド取り外し

ロアアームボールジョイントのボルトも外す。
インパクトレンチを使えば楽勝だが、締め付けトルクを把握するため、右側の作業はボルトにマジックで印をつけておいて外し、トルクレンチで印の位置まで再度締め付け、値を記録した。
長いスピンナーハンドルがあれば、大した作業ではない。

AP 1/2DR スピンナーハンドル 440mm【アストロプロダクツ】

ロアアームボールジョイントボルト取り外し

サスペンションのボルトも外す。
各ボルトは共回りするので、締め付け工具は2本必要。
ミニカ サスペンション取り外し

ボルト4本を外したら、ボールジョイントからナックル部分を外す。ナックルを引き上げるよりは、ロアアームを押し下げて外す感じだった。
これでドライブシャフトがフリーになる。
ロアアームからシャフト外し

ドライブシャフト取り外し

車の下に潜って、ミッションケースとドライブシャフトの隙間にバールを挿し込む。
右側は要領が分からずに、15分以上かかってようやく偶然外れてくれた。

右側のドライブシャフトは、抜けた瞬間、画像の位置までいきなり動いた。
力をかけ過ぎて、無理に抜こうとしたからだ。
ドライブシャフトを引き抜くとミッションオイルが落ちてくるので、下で受けないとオイルまみれになる。
抜き出されたドライブシャフト

画像は左側のモノ。バールを隙間になるべく奥まで挿しこんで、ゆっくり軽く抉じると「カコッ」と外れる。無理に引き抜こうとする必要はなかった。大きいバールがあれば楽勝。

AP 4PC バールセット【アストロプロダクツ】

ミッションケースからドライブシャフトを切り離す

外したドライブシャフトが修理不能ならば、Assy交換になる。
調べると、中古品やリビルド品、社外品が売られている。

送料無料 PAミニカ H42A 新品ドライブシャフトAssy

e-cleマート

オイルシール交換

オイルシールを外すが、当然手では抜けない。
オイルシール外しはいつもこれが重宝する。

AP 4PC ピック&フックセット【工具 DIY】【アストロプロダクツ】

ミニカ ミッションオイルシール外し

取り外し作業はここまで。ここからは取り付け作業になる。
オイルシールを抜いたミッションケース

オイルシールにシリコングリスを薄く塗り、ミッションケースに取り付ける。
取り付けには、塩ビパイプを使った。サイズはTS30とTS40をうまく使い分けた。
オイルシール取り付け

ハンマーを使うことなく、手で押しつければ入っていった。
オイルシールはミッションケースとツライチで挿入した。
ミッションケースに取り付けたオイルシール

元に戻す

あとは外した手順の逆で取り付けていけば作業は終了。
ドライブシャフトのケースへの挿入は、スプラインを合わせて根気よく作業するしかない。
焦って無理な力をかけないことが大切。

右側はてこずったが、左側は要領が分かったので半分の時間で済んだ。
締め付けトルクも把握できたので、使える箇所はインパクトレンチも使った。
タイミングベルト交換の時も使ったが、相変わらず強力だ。

AP ハイパワーAC電動インパクトレンチ

高トルクインパクトレンチ

タイロッドエンドを取り付ける時に、ボルトが空回りして締め付けられなくてちょっと焦ったが、ジョイント部に体重を乗せると締め付けることが出来る。
部品をすべて取り付け、ミッションオイルを入れて終了した。
タイロッドエンドのボルト空回り

各ボルトの締め付けトルクは、以下のようにした。
個人的に計った値なので、正確ではない。

タイロッドエンド 40N・m
ロアアームボールジョイント 110N・m
サスペンション2か所 110N・m
ブレーキキャリパーサポート部 60N・m

交換してみて

  • タイミングベルト交換の時と同じレベルの大がかりな作業だったので、少し心配だったが、終わってみれば大したことはなかった。
  • ブーツ類も交換しようかと思ったが、まだ交換するほど劣化していなかったので今回はパス。修理に出すなら、ブーツ類の同時交換を薦める。
  • タイロッドエンドのボルト締め付けの時の空回りは盲点だった。
  • 今回の作業は特にコスパが良かった。
関連記事
ブレーキフルード交換

ブレーキフルード交換
ブレーキフルードは、ブレーキオイルと呼ばれたりするが、実はオイルではない。ポリエチレングリコールが主成分で、防錆剤や酸化防止剤が含まれている。吸湿性が高く、長年使用していると、次第に色が透明→黄色…

ブレーキパッド交換

ブレーキパッド交換
ブレーキパッドには苦い経験がある。車中泊で旅行している時にパッドの残量が無くなり、サイドブレーキを引きながら最寄りのディーラーに駆け込んだ。パッドの残量ゼロなのは言うまでもないが、座金がディスクロ…

ドラムブレーキ オーバーホール① 分解・清掃

ドラムブレーキ オーバーホール① 分解・清掃
一般の軽自動車はフロントがディスクブレーキ、リアがドラムブレーキになっている。ブレーキキャリパーの取り外しは簡単だが、ドラムブレーキの分解は難度が高くなる。しかもミニカの場合、ハブナットの締め付け…

ドラムブレーキ オーバーホール② 組立・調整

ドラムブレーキ オーバーホール② 組立・調整
ブレーキシューとバックプレートとの接触部分6ヶ所、ホイールシリンダーとの接触部分2ヶ所、バックプレートのアンカー部2ヶ所、ブレーキワイヤーとバックプレートの接触部分1ヶ所、全11ヶ所にグリスを薄く塗…

ミッションオイルシール交換

ミッションオイルシール交換
ユーザー車検が終わって暫くして、ミッションケースの下がオイルまみれになっていた。車検後で良かった。車検前だと面倒になる。周辺に漂う臭いを嗅いで、すぐにミションオイルだと分かった。最初は、以前交換し…

ギアシフトシャフトオイルシール交換

ギアシフトシャフトオイルシール交換
車の下に潜って各所を点検していると…。何かオイルが滲んでいる感じ。場所はギアシフトシャフトのブーツ周辺。とりあえず、拭き取ってから後日もう1度確認して見ると、やはり滲んでいる。ブーツをめくって確認…

ドライブシャフトブーツバンド交換

ドライブシャフトブーツバンド交換
タイミングベルトを交換している時に偶然発見。100000㎞を超えた距離を走ると、どうしてもあちこちガタが出始める。もう一方のドライブシャフトブーツはすでにディーラーで交換済み。交換作業に立ち会わせても…

ドライブシャフトブーツバンド交換やり直し

ドライブシャフトブーツバンド交換やり直し
以前、ドライブシャフトからのグリス漏れの時に、交換したブーツバンドの取り付け方が気に入らなかったので、いつかやり直してやろうと思っていた。今回、ミッションオイルシールを交換した時に、ドライブシャト…

リペアキットでパンク修理

リペアキットでパンク修理
ガソリンを入れた後の、恒例のタイヤのエアーチェック。特に急いでいない時は毎回やっている。なので、トラブルなんて在る筈無いと思っていたのに…。タイヤに釘がか刺さってる。大丈夫。パンクリペアキットは常…

車中泊旅行

温泉巡り

ミニカ整備記録

その他

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system