軽自動車で車中泊&整備記録

お問い合わせ

HBD-H42Vミニカバンで車中泊しながら各地を旅行。愛車のメンテナンスと、源泉かけ流し温泉を中心に各地の名所巡りを紹介。

> > >

ミニカ H42V ミッションオイル交換

ミッションの違和感

ギアを繋いだ時の感じがいつもと違う様な気がした。

前回のミッションオイル交換は、ドライブシャフトブーツを交換した時だから、すでに70000㎞位走っているはずだ。
メンテナンスノートを見てみると、100000㎞で交換するように記載されている。

それに、ギアシフトシャフトオイルシールを交換した時に、ミッションオイルを再利用したままで長距離の車中泊旅行をしてきた。
エンジンオイルとオイルフィルター交換もしなければいけないし、重い腰を上げた。

ミッションオイル購入

メンテナンスノートによるとオイルの量は2.2Lとある。
ギアシフトシャフトオイルシール交換の時に用心のため購入したミッションオイルは2Lなので、少し足りない。今回は本格的に交換するので追加購入した。

指定のオイル粘度は75W-80だが、値段が高いのでリーズナブルな75W-90にした。
80W-90がもっと安いのだが、昔、デーィラーで「あまり固いオイルを入れると、冬にギアが入らなくなりますよ」とのお言葉を頂戴したのでやめた。

最近、いつも使っているミッションオイルが入手しづらくなった。店舗どころかネットでも販売していない。
探していると、4Lだが1L当たりの値段は変わらないモノを発見。

TAKUMIモーターオイル MULTI GEAR【75W-90】LSD対応

ミッションオイル抜き

ミッションオイルのドレンボルトは24㎜で、車のエンジン左側にある。
大きなトルクで締めつけられていて、ボルト外しには力をかけられる工具が必要。

AP 1/2DR スピンナーハンドル 440mm【アストロプロダクツ】

ミッションのドレン

ドレンボルトを外す前に、エンジンの前側にあるフィラーボルトを緩めておく。こちらは17㎜。
万が一、これが外れないとオイルを抜いたのは良いが、入れることができなくなる。
ミッションのフィラー

ドレンボルトを外すと横にオイルが流れ出てくるので、カッターで加工したペットボトルでオイルを受ける。事前にドレンボルトを緩めておいた。
ミッションオイル受けペットボトル

ペットボトルの隙間から指を突っ込みボルトを外す。
オイルが勢いよく出てくる。
ミッションのドレンプラグ取り外し

このまま暫く放置してミッションオイルを全て抜く。
出てくるオイルは、新品のエンジンオイルのように綺麗に見えるが…。

ドレンプラグには磁石が付いている

ドレンプラグの磁石には鉄粉がびっしり付着している。
ミッションのドレンプラグに付着した鉄粉

紙で拭き取るとこんな感じ。初めて見た時は結構衝撃だったもんだ。
ミッションのドレンプラグの鉄粉拭き取り

付着した鉄粉は拭き取っても除去できない。
ドライバーを当てればこちらに付着するので、気になれば丁寧に取り除く。
ドレンプラグに付着した鉄粉の除去

ドレンプラグを元通りに締めつける。トルクは70N・mで締めつけた。
ミッションのドレンプラグ取り付け

オイル注入

ミッションオイルの注入は、エンジン前側から横に入れる。
ここがエンジンオイル交換より、ひと手間かかる作業だ。
ミッションのフィラープラグ取り外し

100均で売っている漏斗と、ホームセンターで外径12ミリのホースを買ってきて繋いで、上側からオイルを注入する。
ミッションオイルを入れる漏斗

上から給油出来ない時には、専用ツールで下などから入れる。

AP オイルサクションガン【アストロプロダクツ】

注入口の径が小さいので用意するホースの径には注意が必要。
ミッションオイルをフィラーに入れる

入れるオイル量は給油口から溢れたらOK。
オイルはやはり1缶では足りなかった。フィラープラグを締めて終わり。
新しいミッションオイルはエンジンオイルよりも透明に近い。抜いたオイルが新品のエンジンオイルみたいな色をしていたのは、オイルが汚れきっていたのだ。
ミッションオイル注入

抜いたミッションオイル。磁石では取りきれない鉄粉だらけのはず。
50000㎞で交換した方がいいかも。
古いミッションオイル

交換して

  • ミッションオイルは臭い。ドレンプラグを外す前に車の下に潜ったが、オイルの匂いがしたので、もしかしたらどこかで漏れているのかも…。
  • オイルフィルター交換も含めたエンジンオイル交換の作業と同じくらいの手間だ。
  • オイル交換後はギアの繋がりの違和感が消えた。オイル変えたくらいでそんなに変わるもんかねぇ?原因は別にあるような気がするが…。
関連記事
エンジンオイル&オイルフィルター交換

エンジンオイル&オイルフィルター交換
車を所有していてオイル交換をしたことのない人はあまりいないと思う。実は、以前所有していたミラバンのオイル交換をほとんどしていなかった。130000㎞乗った内、長距離旅行前の2~3回交換した記憶があ…

ミッションオイル交換

ミッションオイル交換
ギアを繋いだ時の感じがいつもと違う様な気がした。前回のミッションオイル交換は、ドライブシャフトブーツを交換した時だから、すでに70000㎞位走っているはずだ。メンテナンスノートを見てみると、100000㎞…

エアエレメント交換

エアエレメント交換
エアエレメントを交換するにはエアクリーナーボックスを外さなければならない。エアクリーナーボックスを外すためには、エアインテークレゾナンスタンクとエアダクトを取外さなければならない。他のメーカーでは…

スパークプラグ交換

スパークプラグ交換
プラグメーカーのサイトでは10000㎞で交換とあるが…。こちらはすでに70000㎞突破!。エアインテークタンクに1カ所のバンド、エアダクトに2カ所のクランプが着いているので、ドライバーまたはレンチで緩めてお…

10万キロ走行したノーマルプラグ

10万キロ走行したノーマルプラグ 新旧比較
長寿命のイリジウムプラグの話ではない…。前回の交換が70000㎞だったので、今回も同じくらいの距離数で交換しようと思っていたら、ついつい放ったらかしにしてしまった。放ったらかしついでに10万キロ無交換の…

パワステオイル交換

パワーステアリングオイル交換
パワーステアリングオイルはサービスマニュアルでは基本的に無交換。それでも、オイルが劣化すると漏れの原因になるとのこと。オイルを半分抜く→新しいオイルを注ぎ足し→ハンドルを回してオイル循環、を繰り返…

エンジンマウント交換

エンジンマウント交換
車を加速させるとエンジンルームから「キュキュ」っと音がする。ある日、エンジンを横に揺すってみるとグラグラ。原因はエンジンマウント。これも定期交換部品の一つで125000㎞での交換になったが、どのミニ…

Vベルト交換

Vベルト交換
Vベルトは、エンジンの回転を利用してオルタネーター(発電機)、ウォータポンプ、エアコン・コンプレッサー等を回している。エアコンはともかく、オルタネーターとウォーターポンプが回らなくなると、バッテリー…

タイミングベルト交換① ベルトカバーまで

タイミングベルト交換① ベルトカバーまで
基本は100000㎞で交換だが…走行距離100000㎞手前でディーラーへ出向き、タイミングベルト交換について相談したところ、「見てみましたが、まだ大丈夫です。」とのお言葉を頂戴したので、時々タイミングベルト…

タイミングベルト交換② ベルト外し

タイミングベルト交換② ベルト外し
タイミングベルトカバーを外す。1本だけ長いボルトがあるので取り付け箇所に注意。ようやくタイミングベルトが見えた。クランクシャフトに付いているクランク角センサーのセンシングプレートを外す。クランク角セ…

タイミングベルト交換③ オイルシール交換

タイミングベルト交換③ オイルシール交換
シール交換をする前にエンジンオイルを抜いておく。金属プレートを取り外す。何故か液体ガスケットが塗ってあった。振動による音防止のためか?カムシャフトオイルシールを取り外そうとするが、固くてビクとも…

タイミングベルト交換④ ベルト取り付け

タイミングベルト交換④ ベルト取り付け
新しいベルトテンショナーを取り付ける。プレーバーを使って、奥まで移動させてボルトを締めて仮止めする。クランクシャフトの金属プレートを取り付ける部分(断面の薄く赤い部分)には液体ガスケットが塗ってあっ…

ウォーターポンプ交換

ウォーターポンプ交換
タイミングベルト取り外しまで、まったく同じ工程なので省略。タイミングベルト交換時に一緒に交換する所以だ。車の前から覗き込み、ラジエーター横にあるプラスチック製のドレンコックを回す。冷却水が流れ落ち…

車中泊旅行

温泉巡り

ミニカ整備記録

その他

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system