軽自動車で車中泊&整備記録

お問い合わせ

HBD-H42Vミニカバンで車中泊しながら各地を旅行。愛車のメンテナンスと、源泉かけ流し温泉を中心に各地の名所巡りを紹介。

> > >

ミニカ H42V ブレーキフルード交換

車検毎の交換が無難

ブレーキフルードは、ブレーキオイルと呼ばれたりするが、実はオイルではない。
ポリエチレングリコールが主成分で、防錆剤や酸化防止剤が含まれている。

吸湿性が高く、長年使用していると、次第に色が透明→黄色→茶色と変わっていく。
茶色は末期状態で、ほぼ間違いなくブレーキ関係の部品が錆びている。いずれフルード漏れを起こし、部品をごっそり交換することになり、高い出費を迫られることになる。

経験上、2年も経つと綺麗な黄色に変化して交換時期となる。
つまり、車検毎の交換が望ましい。

ミニカのメンテナンスノートによると、使用するブレーキフルードの規格はDOT4。
各メーカーから販売されているが、価格がリーズナブルなので、古河工業のモノを使っている。

古河薬品工業(KYK) ブレーキフルード 1L STRAIGHT/36-1020 (STRAIGHT/ストレート)

ブレーキフルード交換に必要な人数

ブレーキフルード交換は、基本、1人では出来ない。
古いブレーキフルードをブレーキキャリパーやドラムブレーキ部分から排出し、新しいブレーキフルードをリザーバタンクに注入する作業をするために1人、コクピットでブレーキを踏むために1人。最低2人は必要である。

しかも、ブレーキホース内に空気が混入するとブレーキが効かなくなるため、空気が混入しない様に、常に監視しながら作業しなければならない。
万が一、空気が混入している時は、この空気が無くなるまでブレーキフルードを排出し続ける。エア抜きと言われる作業である。

作業自体は簡単であるが、注意力が散漫な人間に、この作業は向かない。
一つ間違えれば、人生を棒に振ってしまう可能性があることをしっかり認識すべきである。
自分で交換するなら、当然自己責任である。

1人でブレーキフルード交換したければ

1人でブレーキフルードを交換したい人のためのツールが存在する。

エアーブレーキブリーダー STRAIGHT/15-761 (STRAIGHT/ストレート)

ただし、エアーコンプレッサーを所有していることが前提。
空気圧を利用して、ブレーキフルードを排出するため、ブレーキを踏む必要が無い。

自作ブレーキブリーダー

準備するものは、古いブレーキフルードを排出するためのホースと、排出したフルードを受けるための容器、フルードを排出させるためのブレーキ部分についているプラグ(以下、ブリーダープラグ)を緩めるための8㎜メガネレンチ、この3点は最低必要である。

絶対必要では無いが、あると便利なもの。多分、フルード交換する皆さん準備していると思う。
いわゆる、ワンウェイバルブ、逆流防止弁と言うものである。
矢印の方向には流れるが、逆方向には流れない様な構造になっている。

ワンウェイバルブ STRAIGHT/19-587 (STRAIGHT/ストレート)

ワンウェイバルブ

これをフルード排出用のホースの間に挟むことで、ブレーキフルードのホース内での逆流を防ぐことが出来る。
また、使用するホースも、圧力がかかるのでそれなりのモノにしておいた方が無難。

シリコンチューブ STRAIGHT/36-2501 (STRAIGHT/ストレート)

自作 ブレーキブリーダー 部品

長めに購入したホースを、適当にカットしてワンウェイバルブにつなげるだけ。
後はホースを、キャップに穴をあけたペットボトルに突っ込む。
自作が面倒な人は、既製品が販売されている。

ブレーキブリーダーボトル STRAIGHT/19-589 (STRAIGHT/ストレート)

自作 ブレーキブリーダー

購入したワンウェイバルブには、着けたホースが外れないように小さなクランプが2つ付属していたが、ブリーダープラグに固定するためのクランプがあった方が安全と判断し、別途購入した。

クレセントクランプ 幅8mm 2ピース STRAIGHT/61-630 (STRAIGHT/ストレート)

ブレーキフルード交換 作業

まずは、車のジャッキアップ。メンテナンスノートにはサイドシル以外のジャッキアップポイントが書かれていない。
以前、ディーラーで聞いてみたら不明とのこと。それもそのはず、ディーラーではサイドシルにリフトを掛けて持ち上げるからだ。知る必要が無い。
調べると、ミニカの場合はフロントがバンパーすぐ後ろのフレーム部分。リアがリアアクスル部分、後輪車軸らしい。正式なジャッキアップポイントかは不明だが、今まで何十回もジャッキアップしてきたが、特に問題無かった。どちらにしても、リッジトラックは必需品。

ジャッキスタンド 2t 馬ジャッキ リジットラック 折りたたみ式

ミニカ リアジャッキアップ

ブレーキフルードを交換する車輪の順番は、マスターシリンダー、つまりリザーバタンクから遠い順に作業する。
ミニカのリザーバタンクは、エンジンルームの運転席側、つまり右側にあるので、左後輪→右後輪→左前輪→右前輪の順と考えるのが普通。
ところが、車の下を見てマスターシリンダーから出ている管を辿っていくと、1番長い管は右後輪になっている。
したがって、右後輪→左後輪→左前輪→右前輪の順に交換することにした。

ミニカのリアブレーキはドラム式で、ブリーダープラグは裏にある。因みに画像は1番目に作業する右側。同じなので他は省略。
ミニカ ドラムブレーキ

先に8㎜メガネレンチを取り付け、ブリーダープラグを回せる状態にしてから、先ほどの自作ブレーキブリーダーをブリーダープラグに取り付ける。
ブリーダープラグに取り付けたホースが作業中に外れると、周辺にフルードをぶちまけることになるので、別途購入したクランプで固定した。
ミニカ 後輪 ブレーキフルード交換

ブリーダープラグを緩めて、古いブレーキフルードを排出していくが、緩めすぎるとプラグの隙間から空気が入ってしまう。
プラグを緩めるのは必要最小限にしなければならない。ここが、1人では作業できない理由である。
このプラグの微妙な開閉を、メガネレンチを固定するなどして調整できれば、1人でブレーキフルード交換出来る。でも、ホース内の気泡の有無の確認は出来ない。
ミニカ ブレーキフルード交換

少しだけプラグを緩めたら、もう1人に合図してブレーキを何度か踏んでもらう。そうすると、ホースを通って古いブレーキフルードが出てくる。
プラグを少ししか緩めてないので、ブレーキの踏み込みは固い。
古いブレーキフルード

ホース内のフルードが透明に変わったら、最後の1回、ブレーキを踏みっぱなしにして貰った状態でプラグを閉める。色が透明に変わっても、フルード内に気泡があれば、出なくなるまでブレーキを踏み続け、エア抜きを行う。

一番大切なこと。この作業の間、絶対にタンク内のブレーキフルードをLowのラインより下にならないようにすること。タンク内のフルードが無くなると、ブレーキ内に空気が入り、最初から作業をやり直すことになる。
因みに、作業開始前にタンク内のフルードをある程度抜き取ってから、新しいフルードを加えておくのがセオリーだが、面倒くさいのでブリーダープラグ側から抜いている。
ブレーキフルード注入

以上の作業を、4輪全てで行う。
画像は前輪左側のもの。ホース内のブレーキフルードは、まだもう少し黄色い。
ブリーダープラグの位置が違うだけで、作業内容は全く同じ。
ブリーダープラグの締め付けトルクは10N・mくらいだろうが、トルクレンチは使えないので、緩める前にマジックで印を書いておいて、閉める時にその位置まで締めつける。
ミニカ ブレーキキャリパー フルード交換

ブレーキフルード 新旧比較

ホース内のフルードの色の変化が微妙で分かりにくかったので、出てきた古いブレーキフルードを逐次、別の容器に移して作業完了の確認をした。
新しいフルードと古いフルードを見比べれば、一目瞭然。前回交換したのは2年前。
定期的に交換しないといけないことが良く分かる。
新しいブレーキフルードと古いブレーキフルードを見比べる

作業終了後にすること

ブレーキフルードは、車の塗装を剥がす。
作業終了後は、ブレーキ周辺を入念に水洗いした方が良い。
作業に使った器具は全て水洗い。
ブレーキブリーダー 洗浄

フルードが付着しそうな場所には、事前に布等を掛けておくなどして、被害を防ぐことが大切。
もし、付着した場合は、水で洗い流さなければならない。
何処に付着しているか分かったもんじゃないので、作業が終わったら洗車しに行っている。
身につけている貴金属も危険。特に腕時計とメガネ。

交換してみて

  • 車輪毎にジャッキアップして作業しても良いが、効率が悪いので、4輪全てをジャッキアップしてから作業した方が時間、労力が少なくなると思う。
  • ミニクランプを使う前は、結束バンドで代用していた。
  • ブレーキフルードは、1年で黄色に変わる。
  • ブレーキフルードを、ペットボトルに入れて保管できるか?と、疑問が湧いたので、2年前の余ったフルードをペットボトルに入れて放置した。色が黄色に変化しただけだった。
関連記事
ブレーキフルード交換

ブレーキフルード交換
ブレーキフルードは、ブレーキオイルと呼ばれたりするが、実はオイルではない。ポリエチレングリコールが主成分で、防錆剤や酸化防止剤が含まれている。吸湿性が高く、長年使用していると、次第に色が透明→黄色…

ブレーキパッド交換

ブレーキパッド交換
ブレーキパッドには苦い経験がある。車中泊で旅行している時にパッドの残量が無くなり、サイドブレーキを引きながら最寄りのディーラーに駆け込んだ。パッドの残量ゼロなのは言うまでもないが、座金がディスクロ…

ドラムブレーキ オーバーホール① 分解・清掃

ドラムブレーキ オーバーホール① 分解・清掃
一般の軽自動車はフロントがディスクブレーキ、リアがドラムブレーキになっている。ブレーキキャリパーの取り外しは簡単だが、ドラムブレーキの分解は難度が高くなる。しかもミニカの場合、ハブナットの締め付け…

ドラムブレーキ オーバーホール② 組立・調整

ドラムブレーキ オーバーホール② 組立・調整
ブレーキシューとバックプレートとの接触部分6ヶ所、ホイールシリンダーとの接触部分2ヶ所、バックプレートのアンカー部2ヶ所、ブレーキワイヤーとバックプレートの接触部分1ヶ所、全11ヶ所にグリスを薄く塗…

ミッションオイルシール交換

ミッションオイルシール交換
ユーザー車検が終わって暫くして、ミッションケースの下がオイルまみれになっていた。車検後で良かった。車検前だと面倒になる。周辺に漂う臭いを嗅いで、すぐにミションオイルだと分かった。最初は、以前交換し…

ギアシフトシャフトオイルシール交換

ギアシフトシャフトオイルシール交換
車の下に潜って各所を点検していると…。何かオイルが滲んでいる感じ。場所はギアシフトシャフトのブーツ周辺。とりあえず、拭き取ってから後日もう1度確認して見ると、やはり滲んでいる。ブーツをめくって確認…

ドライブシャフトブーツバンド交換

ドライブシャフトブーツバンド交換
タイミングベルトを交換している時に偶然発見。100000㎞を超えた距離を走ると、どうしてもあちこちガタが出始める。もう一方のドライブシャフトブーツはすでにディーラーで交換済み。交換作業に立ち会わせても…

ドライブシャフトブーツバンド交換やり直し

ドライブシャフトブーツバンド交換やり直し
以前、ドライブシャフトからのグリス漏れの時に、交換したブーツバンドの取り付け方が気に入らなかったので、いつかやり直してやろうと思っていた。今回、ミッションオイルシールを交換した時に、ドライブシャト…

リペアキットでパンク修理

リペアキットでパンク修理
ガソリンを入れた後の、恒例のタイヤのエアーチェック。特に急いでいない時は毎回やっている。なので、トラブルなんて在る筈無いと思っていたのに…。タイヤに釘がか刺さってる。大丈夫。パンクリペアキットは常…

車中泊旅行

温泉巡り

ミニカ整備記録

その他

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system