軽自動車で車中泊&整備記録

お問い合わせ

HBD-H42Vミニカバンで車中泊しながら各地を旅行。愛車のメンテナンスと、源泉かけ流し温泉を中心に各地の名所巡りを紹介。

HOME > ミニカ整備記録 > 足廻り >

ミニカ H42V ロアアームボールジョイントブーツ交換

ボールジョイントブーツの劣化

ロアアームボールジョイントブーツにひび割れが発生していた。
定期的に点検していて、ひび割れていたのは知っていた。
走行距離が20万キロでもまだ問題ない状態だったが、タイロッドエンドブーツ交換のついでに一緒に交換することにした。
劣化したロアアームボールジョイントブーツ

普通、この距離までは持たないと思う。
時々、ラバー保護剤を吹き付けていたのが良かったのだと思う。
ラバー保護剤は、ブーツ、ベルト類のゴム製品には、かなりの効果があるのでお勧め。

呉工業(KURE)ラバープロテクタント300ML

足回りの取り外し

ロアアームボールジョイントブーツを交換するには、ナックルをロアアームから外さなければならない。ここまでの工程で外す部品が多いため、非常に面倒くさい。

タイヤを外して、ブレーキキャリパーの下側のスライドピンを外して引き上げ、ブレーキローターを取り外す。ブレーキキャリパーも取り外す。
キャリパーにはブレーキホースが付いているのでサスペンションに吊るしておく。
ブレーキローター取り外し

次に外すボルトは4か所で、すべて17㎜。
タイロッドエンド部、ロアアームボールジョイント部にそれぞれ1か所、サスペンション2か所。
ミニカ ストラット

タイロッドエンドはナックルにがっちり固定されていて、ボルトを外してもビクともしない。
以前、ディーラーの整備士が、ハンマーで叩いて外している職人芸的な技を見たことがあるが、素人には専用工具のタイロッドエンドプーラーが無いと難しい。

AP タイロッドエンドプーラー TL204

タイロッドエンドとナックルの隙間に挟み込んで、ラチェトレンチで少しづつ締めこんでいくと、突然「ガコッ」と大きな音がしてタイロッドエンドが外れる。
ミニカ タイロッドエンド取り外し

ロアアームボールジョイントのボルトも外す。
インパクトレンチを使えば楽勝だが、長いスピンナーハンドルがあれば、大した作業ではない。

AP 1/2DR スピンナーハンドル 440mm

ロアアームボールジョイントボルト取り外し

サスペンションのボルトも外す。
各ボルトは共回りするので、締め付け工具は2本必要。
ミニカ サスペンション取り外し

ボルト4本を外したら、ボールジョイントからナックル部分を外す。ナックルを引き上げるよりは、ロアアームを押し下げて外す感じだった。
ここは固着していることが多く、作業が難航する工程だ。
これでやっとロアアームボールジョイントブーツが交換できる。
ロアアームからシャフト外し

ブーツの取り外し

ロアアームとブーツの取り付け部位に、細いマイナスドライバーを打ち込んで隙間を作る。
隙間が十分広がれば、プレーバーを差し込んでブーツを取り外す。
ロアアームボールジョイントブーツの取り外し

ブーツを外したら、ボールジョイント部分の古いグリスを除去する。
ジョイントをぐりぐりと回していくと、中のグリスも少しずつ出てくるので、丹念にふき取る。
グリスも古くなっているはずなので、ちょうど良い交換時期だった。
ロアアームボールジョイントから外したブーツ

ブーツの取り付け

ジョイントの可動部分に問題がないことを確認しておく。
錆が発生していてジョイントの動きが悪ければロアアームAssy交換になり、出費がかさむ。

新しいグリスをジョイント部分に塗りつけて、ぐりぐり回してグリスを馴染ませる。
使用するグリスは、シャーシーグリスを使った。
古いグリスもシャーシーグリスの様だし、特殊なグリスを使っても意味は無いと思う。
注入するグリスの量はほどほどに。多すぎるとブーツがパンパンになる。
ロアアームボールジョイントのグリス注入

交換するロアアームボールジョイントブーツの純正品番はMR589789。
社外品が安いが、数百円のモノなので、純正でもあまり変わりない。

大野ゴム工業(OHNO) ボールジョイントブーツDC-1643 1個

上からブーツの縁を叩いてはめ込むのだが、塩ビパイプを使ってハンマーで叩いた。
ロアアームが上下に動くので、下に木材を入れてロアアームを固定した。
ピッタリ合うサイズの塩ビパイプが無かったので、TS40の塩ビパイプをブーツの端に当ててハンマーで叩きながらはめ込んでいった。
ロアアームボールジョイントへのブーツ打ち込み

タイロッドエンドブーツと違い、すべてゴムで出来ているが相当固い。
なかなかハマらず、結構手こずった。
ブーツとロアアームとの隙間がなくなるまで叩いてインストール完了。
交換したロアアームボールジョイントブーツ

元に戻す

外した部品を、逆の手順で取り付けていけば終了。
サスペンションとロアアームのボルトの締め付けトルクは110N・m。

タイロッドエンドのボルトを締め付ける途中から、ボルトが空回りして締め付けられなくなるので、タイロッドエンドを上から押さえつけながらボルトを締め付ける。
ボルトの締め付けトルクは35N・m。
タイロッドエンドのナックルへの取り付け

交換してみて

  • ロアアームからナックルを外す度に、少しずつグリスがブーツからはみ出て来ていたので、破れていなくても定期的に交換するのがベターか…。
  • 作業工程が面倒くさいので、タイロッドエンドブーツ交換の時に一緒に交換するべきだ。
  • この作業を修理工場に依頼すれば6000~8000円くらいする。自分ですれば、部品代のみ。
関連記事
タイロッドエンドブーツ交換

タイロッドエンドブーツ交換
タイロッドエンドブーツはゴム製であるため経年劣化でヒビ割れを発生し、破れて中のグリスが漏れ出してジョイント部が錆びてしまえば、部品を丸ごと交換することになる。ラバープロテクタントを定期的に吹き付…

ロアアームボールジョイントブーツ交換

ロアアームボールジョイントブーツ交換
ロアアームボールジョイントブーツはゴム製であるため経年劣化によるにひび割れを発生し、破れて中のグリスが漏れ出してジョイント部が錆びてしまえば、部品を丸ごと交換することになる。交換作業が面倒くさい…

ブレーキフルード交換

ブレーキフルード交換
ブレーキフルードは、ブレーキオイルと呼ばれたりするが、実はオイルではない。ポリエチレングリコールが主成分で、防錆剤や酸化防止剤が含まれている。吸湿性が高く、長年使用していると、次第に色が透明→黄色…

ブレーキパッド交換

ブレーキパッド交換
ブレーキパッドには苦い経験がある。車中泊で旅行している時にパッドの残量が無くなり、サイドブレーキを引きながら最寄りのディーラーに駆け込んだ。パッドの残量ゼロなのは言うまでもないが、座金がディスクロ…

ドラムブレーキ オーバーホール① 分解・清掃

ドラムブレーキ オーバーホール① 分解・清掃
一般の軽自動車はフロントがディスクブレーキ、リアがドラムブレーキになっている。ブレーキキャリパーの取り外しは簡単だが、ドラムブレーキの分解は難度が高くなる。しかもミニカの場合、ハブナットの締め付け…

ドラムブレーキ オーバーホール② 組立・調整

ドラムブレーキ オーバーホール② 組立・調整
ブレーキシューとバックプレートとの接触部分6ヶ所、ホイールシリンダーとの接触部分2ヶ所、バックプレートのアンカー部2ヶ所、ブレーキワイヤーとバックプレートの接触部分1ヶ所、全11ヶ所にグリスを薄く塗…

ミッションオイルシール交換

ミッションオイルシール交換
ユーザー車検が終わって暫くして、ミッションケースの下がオイルまみれになっていた。車検後で良かった。車検前だと面倒になる。周辺に漂う臭いを嗅いで、すぐにミションオイルだと分かった。最初は、以前交換し…

ギアシフトシャフトオイルシール交換

ギアシフトシャフトオイルシール交換
車の下に潜って各所を点検していると…。何かオイルが滲んでいる感じ。場所はギアシフトシャフトのブーツ周辺。とりあえず、拭き取ってから後日もう1度確認して見ると、やはり滲んでいる。ブーツをめくって確認…

ドライブシャフトブーツバンド交換

ドライブシャフトブーツバンド交換
タイミングベルトを交換している時に偶然発見。100000㎞を超えた距離を走ると、どうしてもあちこちガタが出始める。もう一方のドライブシャフトブーツはすでにディーラーで交換済み。交換作業に立ち会わせても…

ドライブシャフトブーツバンド交換やり直し

ドライブシャフトブーツバンド交換やり直し
以前、ドライブシャフトからのグリス漏れの時に、交換したブーツバンドの取り付け方が気に入らなかったので、いつかやり直してやろうと思っていた。今回、ミッションオイルシールを交換した時に、ドライブシャト…

リペアキットでパンク修理

リペアキットでパンク修理
ガソリンを入れた後の、恒例のタイヤのエアーチェック。特に急いでいない時は毎回やっている。なので、トラブルなんて在る筈無いと思っていたのに…。タイヤに釘がか刺さってる。大丈夫。パンクリペアキットは常…

車中泊旅行

温泉巡り

ミニカ整備記録

その他

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system