軽自動車で車中泊&整備記録

お問い合わせ

HBD-H42Vミニカバンで車中泊しながら各地を旅行。愛車のメンテナンスと、源泉かけ流し温泉を中心に各地の名所巡りを紹介。

> > >

ワンセグ フィルムアンテナ 貼り直し

フロントガラス交換

実は、車中泊旅行している時にフロントガラスにヒビが入ってしまった。

忘れもしない。紅葉を見るために、河口湖へ行く途中の豊橋東バイパスを走っていた時のこと。
反対車線を走っていたトラックとすれ違った瞬間、今までに聴いたことの無い音がした。
フロントガラス右上側を見ると3センチくらいの線が入っていたのだが、見る見るうちにガラス中央まで伸びて行って、40センチのヒビになった。
バイパスを走っていたので停車する訳にもいかず、先にある道の駅「潮見坂」に入った。
飛び石によるフロントガラスのヒビ

車中泊旅行記には書かなかったが、こんな悲しい裏話があったのだ。

自損の保険には入っていなかったので、泣く泣く自腹になった。
余程、自分でガラス交換しようかとも思ったのだが、スキルと人手が必要なので断念した。

結局、知り合いのつてで業者で交換してもらった。
フロントガラス交換費用35000円也。

汎用・補修用フィルムアンテナセット

新しいフロントガラスには、前の車検証は貼り付けられていたが、フィルムアンテナは貼り直されていなかった。作業対応外だったようだ。
交換したフロントガラス

以前購入したカーナビにはワンセグ機能が搭載されていて、付属品としてブースター付きアンテナ端子とフロントガラスに張り付けるフィルムアンテナが同梱されていた。

持っているカーナビはユピテル製のものだが、ユピテルが販売しているフィルムアンテナは、アンテナケーブルとセットで売られている。

ユピテル ワンセグ用フィルムアンテナセット YUPITERU OP-A1S

フィルムでフロントガラスに貼り付けるタイプしかないと思っていたが、ロッドタイプのアンテナを吸盤で貼り付けるタイプもある。好きな場所に取り付け、取り外し出来るのがメリットか…。

ユピテルYERA ポータブルナビ用 ワンセグTVアンテナ 吸盤タイプ

所有のカーナビは、情報が古くなっているので長く使うつもりはないし、アンテナケーブルは再利用できそうなので必要ない。必要なのはフィルムアンテナのみ。

カー用品店に行くと、有名メーカーのフルセグ用フィルムアンテナを販売しているが、目的のモノは見当たらなかった。
やはり、通販が取扱い量、値段ともにバリエーションが豊富だ。

フィルムアンテナ 両面テープ 地デジ 選択式

各メーカー対応 補修・張替 ワンセグ フィルムアンテナ/フルセグ/地デジ フィルムアンテナ AD-300F2 両面テープ付 日本製

中古カーパーツ店の「アップガレージ」で、汎用の補修用フィルムアンテナを売っているのを思い出し、サイズ的に取り付けられそうだったので購入した。お値段990円。
アップガレージのワンセグ用フィルムアンテナ

フィルムアンテナ取り付け準備

カーナビに付属していたフィルムアンテナは、あらかじめ1枚の大きいフィルムに2本のアンテナがL字形に貼られていて、フィルムをフロントガラスに貼り付けた後、そのまま剥がせば、アンテナが綺麗に貼りつくようになっているのだが…。
この激安フィルムアンテナ、2本平行に貼られていて、L字に貼り付けられるようになっていない。
ワンセグ用フィルムアンテナ表

とりあえず、安く済ませるにはこれしかなかったので、最悪の場合、カッターで切ることも考えつつ購入したが、手持ちのケーブルに取り付け可能かサイズを測ってみる。

ケーブルのアンプ部のサイズで、特に気を付けなければいけないのは、電極の間隔になる。
この間隔がアンテナのアンプ接触部の間隔と同じでなければ、取り付けは不可能。
アンテナケーブルのアンプ部の寸法

フィルムアンテナ2本のサイズは裏面に書いてある。
長い方の全長102㎜、短い方の全長記載なし(実測約52㎜)。
アンプの接触部分は実測で約10㎜×10㎜の正方形。参考までに。
ワンセグ用フィルム寸法

2本のアンテナを、平行に貼るのとL字に貼るのとで、受信感度にどの程度の差が出るかはよく分からないが、元がL字に貼り付けてあったので、やはりL字に貼り付けることにした。

問題は、2本のアンテナをどうやって直角に貼り付けるかである。
少しくらい曲がっていても実用には差し支えないだろうが、作業する以上綺麗に貼りたい。

フィルムアンテナ貼り付け

フロントガラスの外側から、青い水性マーカーでガイド代わりの線を描く。
ガラスにアールがついているのと、傷がつくのが嫌だったので定規は使わない。商品の梱包用の厚紙が直角に裁断されているので、これを定規代わりにして線を引いた。
フロントガラスに描いたガイド用マーカー

フィルムアンテナの貼り付けには、厚紙の角の部分が直角になっているのでこれを利用する。

2本に切ったフィルムアンテナに薄~く文房具用のスティック糊を塗って、ガラス面に貼る側を間違えないように注意して、厚紙の角の部分にを貼りつける。

事前にアンプ部とアンテナの接点部分の寸法を測ってから正確に厚紙に貼り付けないと、貼り付けた後でゲロゲロ~となっても手遅れ。

これなら楽にフロントガラスに貼り付けられるはず…。
厚紙に張り付けられたフィルムアンテナ

アンテナ貼り付け面の保護シートを剥がし…。
フィルムアンテナの保護シートを剥がす

青いマーカーで描いたラインに合わせて、厚紙ごとフロントガラスに押しつける。
厚紙を取ると、アンテナだけがガラスに貼りつく。
ほぼ直角に貼れてるでしょ…。アンプ部に接続できればどうでもいいんだけど。
フィルムアンテナのフロントガラス張り付け

アンテナケーブルのアンプ部貼り付け

取り外されたアンプ部には、ガラス屋さんが両面テープをは貼ってくれていた。
アンテナも貼り直してくれていたら有難かったのだが…。

アンテナケーブルも交換するならば、コネクター形状が各メーカーで異なることに注意。
フィルムアンテナ 用 ケーブル ブースター内蔵型 コネクター形状選択可能【GT13 GT16角 HF201 SMA VR1 イクリプス用コネクター】

アンテナとアンプ部が正確に接触するように気をつけて、フロントガラスに取り付け完了。
フロントガラスへアンプ部張付け

車の正面から。正確に貼られていることを確認し、ガラスに描いたマーカーの線を拭き取り、コードを隠したら終了。
フロントガラスに張付けられたアンテナ

フィルムアンテナでは受信が安定しなければ、強力ブースター付きのモノに交換すれば少しは良くなるかも。
フルセグ対応で、移設可能、ロッドアンテナよりも見た目が良さそうだ。

地デジアンテナ ワンセグアンテナ 硬質アクリルアンテナSMA 強力ブースター付

貼り直してみて

  • 最初の寸法だけはしっかり測っておく。
  • 貼り付ける時は左右が逆になるので、よく考えて作業する。
  • 作業の仕上がりは、根気とかけた時間に比例する。
  • 衝動買いしないで、通販でL型を買ってもよかった。
  • 張り替え前のアンテナとの感度の違いだが、一回り小さくなった分、若干、感度が落ちたような気がする程度で、街中だと全く問題ない。
関連記事
タコメーター取り付けとハーネスタコ自作

タコメーター取り付けとハーネスタコ自作
傾斜のきつい下り坂を、ローギアでエンジンブレーキをかけながら下る時、エンジンが異常な高回転音をあげると、エンジンブローを起こすのではないかと不安になる。また、長距離旅行をしていると、燃費向上のた…

フロントドアスピーカー取り付け

フロントドアスピーカー取り付け
ミニカバンには1DINのスピーカー付きAMラジオが標準装備されている。自家用で使っていると、どうしても音楽等を聴きたくなるのは人の情と言うもの。結果的に、思い余ってリアスピーカーまで取り付けてしまった…

リアスピーカー取り付け

リアスピーカー取り付け
ミニカバンにはスピーカー付きのラジオが標準装備されていて、ドアにフロントドアスピーカーグリルはあってもスピーカー自体は取り付けられていない。さらに、リアにはスピーカーグリルさえ無い。しかし、リアト…

ユピテル カーナビゲーション 分解

ユピテル カーナビゲーション 分解
運転中にカーナビの画面が真っ暗になった。車に乗るたびに、これを繰り返し最後は反応しなくなったので、バッテリーの寿命と判断。新品で購入してから3年4カ月。車中泊旅行以外では、ほぼ毎日ワンセグを使用して…

ユピテル ポータブルナビゲーション バッテリー交換

ユピテル ポータブルナビゲーション バッテリー交換
バッテリー交換した後しばらく使っていたのだが、再び電源が突然落ちるようになった。最初、バッテリーが適合していないのかと思っていたが、原因はコネクタの接触不良だった。これがタチの悪いことに、バッテリ…

フィルムアンテナ 貼り替え

フィルムアンテナ 貼り替え
実は、車中泊旅行している時にフロントガラスにヒビが入ってしまった。忘れもしない。紅葉を見るために、河口湖へ行く途中の豊橋東バイパスを走っていた時のこと。反対車線を走っていたトラックとすれ違った瞬間…

車中泊旅行

温泉巡り

ミニカ整備記録

その他

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system